【図解】経理の原則 物事の『本質』を大切にするサイトです
ホーム  Ⅰ個人事業主の確定申告  Ⅱ個人事業主・法人会計  Ⅲ消費税  Ⅳ会計ソフト  Ⅴ事業におすすめサービス・フリーソフト  Ⅵ[自作ソフト]二刀流宛名印刷

【図解】経理の原則
 物事の「本質」を大切にするサイトです


ページ更新日:2017/06/07
 ソフトの記載内容:各ソフトのバージョン、または、詳細ページ先頭の日付時点の内容になっています

【Ⅳ】会計ソフト比較解説 トップ

最適な会計ソフトとは?

個人事業主・小規模法人の方向けに、大きな転換期を迎えている会計ソフトを比較・レビューしていきます。
預金取引の量、経理知識、経験、予算などに応じて、ご自身に合う会計ソフトを選んでいただくのがよいかと思います。

会計ソフトの選び方&インストール・クラウド会計比較
ランキング   
[個人事業主]比較ランキング 
[小規模法人]比較ランキング
購入までのステップ&無料体験版ダウンロード[一覧]
参考サイト&ニュース

当サイトの使い方
Macユーザーなどクラウド会計ソフトに絞っている個人事業主の方は、シェアの高い3ソフトの6プランを比較している以下のページをご覧ください。複雑なプランの違いが簡単に分かります。
なお、法人の方でも、基本的に、機能・簡単操作は変わりませんのでご参考ください。

マウスを乗せると拡大 ←マウスをおいている間、画像を拡大します

[特集]クラウド会計比較ページ

重要なのは文字が塗りつぶされた部分です。
:ポイント   他ソフトより良い点   他ソフトより劣る点 
経理・会計ソフト初心者の方は、上記に加えて、の部分も確認するとよいです。
インストール型はあまり変化がありませんが、特にクラウド会計ソフトのバージョンアップは頻繁に行われます。必要に応じて、各ソフトの公式サイトで最新情報をご確認ください。


会計ソフトの選び方(評価方法)&会計ソフトの種類

会計ソフトはたくさんありますが、主に事業形態(個人・法人)や利用者数によって、検討するソフト・バージョンは異なります。そこで、当サイトでは、個人事業主 と小規模法人に分けて、会計ソフト・バージョンをご紹介します。

機能は豊富だけど費用は高かったり、すべてを兼ね備えた会計ソフトはありません。預金取引の量、経理知識、経験、予算などに応じて、ご自身に合う会計ソフトを選んでいただくのがよいかと思います。
どのソフトも無料体験版がありますので、ご自身が重視する機能を試すと、利用イメージがわいて、早く選択できると思います。特に、日々のメイン業務になる伝票入力や銀行等の一括自動仕訳を試すとよいです。
(全ソフトを体験していますが、今まで電話勧誘は一回もありません。また、無料体験で作成したデータは製品購入後も引き続き利用できます。)


会計ソフトを選ぶポイント
当サイトでは、できるだけ客観的なランキングにするため、 5つの[ポイント] でソフトを評価します。
また、タイプ別に重視するとよいポイント は以下の通りです。
会計ソフトの選び方全体像(シェア、機能、簡単操作、サポート、費用)


Ⅳ会計ソフト比較解説
全ページ一覧

会計ソフト比較解説 トップ

[特集]クラウド会計比較(個人)

ソフト詳細

個人事業主向け
■インストール型
やよいの青色申告
弥生製品の使い方
みんなの青色申告
わくわく青色申告
ミロクのかんたん!青色申告
ツカエル青色申告+確定申告
財務応援R4 Lite

■クラウド型
MFクラウド確定申告
口コミ・評判を調査
(参考)「マネーフォワード」の評判・セキュリティ実績
freee
やよいの青色申告オンライン
ネットde青色申告
奉行J Personal(参考)

小規模法人向け
■インストール型
弥生会計スタンダード
弥生製品の使い方
会計王
わくわく財務会計
ミロクのかんたん!法人会計
財務応援R4 Lite
奉行J -会計編-

■クラウド型
MFクラウド会計
口コミ・評判を調査
(参考)「マネーフォワード」の評判・セキュリティ実績
freee
弥生会計オンライン
ネットde会計
黒字ソフトは、「会計ソフト比較解説」トップページにあるランキングでの紹介だけです。

会計ソフトの選び方

会計ソフトの選び方・種類
[ポイント①]機能説明[一覧表]
[ポイント③]サポートの必要性

Ⅰ個人事業主の確定申告

Ⅱ個人事業主・法人の会計

Ⅲ消費税法

Ⅴ個人事業主・法人におすすめのフリーソフト・サービス

Ⅵ自作フリーソフト[二刀流宛名印刷]




5つポイント、および、早く確実にソフトを選ぶために大切なことをご紹介します。
インストール型とクラウド型の違いも、左右対比して簡単にご紹介します。
[基本情報]

マウスを乗せると拡大←マウスを置いている間、拡大します
対応OS・利用者数・販売シェアを評価します。
まずは、インストール型・クラウド型のどちらを選ぶかによって、全般的な取扱いが大きく異なります(クラウド型のシェアは、拡大傾向にあります)。
インストール型 クラウド型
・クラウド型よりもシェアが高い
・Macに対応、場所・端末を選ばず、複数ユーザーで利用可(スマートホンでも利用可)
・バージョンアップ、データ保管の手間がかからない

[ポイント①]
機能
各ソフトの大きな違いは、以下の機能があるかです。これらの機能が、ご自身に必要か見極めるのがポイントです。
・銀行・クレジットカード・Amazon・楽天市場・請求書・POSレジ等の取引データを一括自動仕訳
特にクラウド会計ソフトは、通常、毎年費用が発生しますが、多数の外部サービスやソフトとクラウド上で連携できるのが、強みです。AirレジやSuqare Posなど、無料の外部サービスも多いので、総合的に連携したい方にはとても便利です。
※導入無料、決済手数料3.25%程度、入金が最短翌日のスマホのクレジットカード決済、および、無料でも使えるPOSレジの比較はこちらのページをご覧ください。
・仕訳伝票のインポート・エクスポート
・分析書類(法人の場合)
・請求書・スマホアプリ(レシート取込)などの付加機能

インストール型 クラウド型
・複雑なメニュー構成
・軽快で使いやすい
・シンプルなメニュー構成
・一般的には、銀行データ等の一括自動仕訳できるのが強み

[ポイント②]
簡単操作
経理業務のほとんどは伝票入力なので、これが簡単にできるかを評価します。実際に使ってみて、日々、ストレスなく入力できるかが大切です。
[ポイント③]
サポート・マニュアル
操作に困ったとき早くて便利な電話・チャットに対応しているかを評価します。
[ポイント④]
1年あたり費用
料金体系の異なるインストール型とクラウド型を公平に比較するため、1年あたり費用(5年間費用合計÷5年)を比較します。上記で述べた機能やサポートの有無、利用ユーザー数などより、ご自身にとってお得なソフトが変わります。

インストール型 クラウド型
・1人で利用、サポート・バージョンアップ不要の方は、安い ・複数ユーザーで利用する場合は安い。


※詳細は、 会計ソフトの選び方 & 会計ソフトの種類 ページをご覧ください。


[個人事業主] 


一般的に、ソフト名に「青色申告」「個人事業主」「確定申告」などのキーワードが入っているものが、個人事業主向けです。ここで紹介しているソフトは、基本的には、白色申告にも対応しています。
[小規模法人]ランキング に記載されているソフトでも、基本的には、個人事業主に対応しています(機能が不足する場合などは、ご検討ください)。

会計ソフト種類の絞り込み 件ヒット
前述の通り、利用される方の状況にもよりますが、総合的には、クラウド会計ソフトの方が優位だと思います。
 
Macユーザーなどクラウド会計ソフトに絞っている個人事業主の方は、シェアの高い3ソフトの主要プラン全てを比較している以下のページをご覧ください。複雑なプランの違いが、簡単に分かります。
[特集]クラウド会計比較

ランキング
選択したランキングが、おすすめの順番に表示されます。
  こんなタイプの方にオススメ

経理初心者の方は、こちらのランキングをご覧ください。
簡単に言いますと、各ソフトのレビューと比較表で     が多く、    が少ないソフトを評価しています(当サイトを初めて訪問された方など、ランキングの妥当性を確認したい場合は、比較表形式にしていただくと分かりやすいと思います)。
 ランク付けの基準詳細を表示する
入力作業の効率性や利便性を重視する方
コスト重視で、ある程度経理や会計ソフトの知識がある方。
コスト重視だけど、電話、または、メールなど問い合わせサポートがあった方が安心という方。
ソフトによっては、加入するサポートの種類により費用が異なります。この場合、各ソフト比較表に記載されたサポートでのランキングになります。

[表示形式]


[表の見方]
  :優れている    :劣る  :使用条件あり :電話サポート有  :チャット・メール・ファックスいずれかのサポート有
詳細   
:各ソフト詳細ページの関連箇所とスクリーンショットの拡大図を表示
クリックすると、 不要なソフトを非表示にできます(更新・戻るボタンで初期に戻ります)
2 3 7 3

やよいの青色申告17 (弥生㈱) 
こんな方へ:販売シェアNo1、手厚いサポートがある経理初心者向けの定番ソフト
確実なソフトを選びたい方におすすめ♪
総合評価: 
[評価理由]前述の通り、今後はクラウド化が進むと思われますが、現時点では、圧倒的な販売シェア、機能・サポートなど総合的に優れている点から、総合ランキング2位としています。

基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
やよいの青色申告[メイン画面]
 [メイン画面] マウスを乗せると拡大
人気No1、販売シェアNo1(BCN AWARD 2015 販売シェアランキング1位)。約70%が利用しているソフトなので、できれば一度体験版を使ってみた方がよいと思います。Amazonの口コミでも、多くの方がソフトを高く評価しています。ただし、サポートの勧誘・自動継続に対する評判が良くないようです。インストール型では珍しく、一つの製品で、もう1台のPCにインストールできます。外出用パソコンでも使いたい方には便利です。
①機能:  ※機能の説明ページはこちら
「スマート取引取込(Webページ)」より銀行・クレジットカード・その他(POSレジ等)のデータから一括自動仕訳して効率化したい方におすすめです(サポート加入が利用条件なので、毎年費用が発生します)。これらのデータから伝票を起こし、勘定科目も自動推測してくれます。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。
やよいの青色申告[スマート取引取込画面]
[スマート取引取込画面] マウスを乗せると拡大
上記の機能自体は、他のクラウド会計ソフトよりやや劣ります。自動仕訳の登録画面で、入力できる仕訳に制限があります。例えば、消費税区分、摘要の修正、複合仕訳にする必要がある場合は、一度、自動仕訳した後に、別の画面(振替伝票など)を開き、その仕訳を修正しなければならないので不便です。
「Amazon」データの取込は、Zaim側は対応していますが、弥生側では対応していません(2017/2)。このようなケースもあるので、必要なサービスは、実際に無料体験で確認したほうがよいです。
※スマート取引取込を利用するためには、弥生のクラウド版と同様に、毎年費用が発生します。クラウドの利便性やキャンペーンのメリットも享受したい方は、以下も検討するとよいです。
また、当ソフトの無料体験版では、「スマート取引取込」を利用できませんので、以下よりお試しください。
やよいの青色申告オンライン 1年間無料で使えるキャンペーン中(2018/3/15申込まで1年間8,640円→0円)
②簡単操作:
導入時は、勘定科目の業務別テンプレートを利用すると、作業の手間を軽減できます。
初心者の方向けの入力方法が充実しています。取引種類選択入力、帳簿入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。
とても入力しやすいと思います。使いやすさを重視する方におすすめです。 伝票入力では、多くの項目(勘定科目・補助科目・摘要・仕訳パターン)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
やよいの青色申告-かんたん取引入力
[かんたん取引入力] マウスを乗せると拡大
勘定科目が分からない、借方・貸方が難しい方でも、取引種類を選択すれば入力できる
やよいの青色申告「仕訳アドバイザー」

[仕訳アドバイザー] マウスを乗せると拡大
勘定科目・仕訳を多くの事例の中から検索できる
③サポート・マニュアル:
サポートやFAQが充実しています。サポートは、安い順に、「セルフプラン」「ベーシックプラン」「トータルプラン」の3種類あります。
「ベーシックプラン」「トータルプラン」は、電話サポートに対応しています。また、オペレーターが必要と判断した場合は、ユーザーのパソコン画面を共有して、アドバイスをしてくれます。「トータルプラン」の場合は、操作方法の問い合わせはもちろん、仕訳相談や経理業務相談まで対応しています。最大15か月間サポート無料or割引キャンペーン中
弥生製品は、分からないことがあっても、インターネットや書籍等でも情報が見つかりやすいので、経理初心者の方にオススメです。
④費用:
サポートに加入しない場合、クラウド会計ソフトより安いです。
「ベーシックプラン」以上のサポートに加入する場合、他の会計ソフトよりも割高になります。
基本:個人向け | インストール型 | Win対応 | PC1台+もう1台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 取引種類選択入力 銀行取込 クレジット取込 その他取込  家事按分
書類 元帳 試算表 推移表 / 確定申告書B 決算書 消費税申告書 固定資産台帳
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート
初期軽減
簡単・使いやすい
電話
メール
サポート無:2,176
サポート有:11,896
(ベーシックプラン)
銀行取込・クレジット取込・その他取込による一括自動仕訳[詳細]
  銀行取込 クレジット取込 その他取込
対応金融機関 約1,400 約120 ※Amazonと楽天市場なし



データ取得時期 取引時 カード利用時 ※Amazon未対応のため未確認
仕訳単位 取引明細ごと 利用明細ごと ※Amazon未対応のため未確認
登録内容 自動仕訳画面で、入力できる仕訳に制限有(一部項目入力と複合仕訳と未決済取引の消込は不可。
任意の自動仕訳ルールは作成可(勘定科目と補助科目のみ設定可)。
※上記表は、外部サービス「Zaim」(Mac利用可)と連携したときの内容です。「スマート取引取込」の仕様は、「やよいの青色申告」「やよいの青色申告オンライン」いずれも同じです。
詳細・スクリーンショット 使い方
※利用者様の声・導入事例
「簡単取引入力」でどんどん入力できるようになりました」
「開業して初めての青色申告に弥生を選んだ」



4 2 3 6

みんなの青色申告17 (ソリマチ㈱) 
こんな方へ:経理初心者向けのとても使いやすい会計ソフト
電話でのサポートが必要な方には、費用が安くおすすめ♪
総合評価: 
[評価理由]販売シェアランキングの上位にランクインし、実力があるソフトです。しかし、仕訳伝票インポート・エクスポートに対応していない点を考慮して総合ランキング4位としています。

基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
BCN AWARD 2015 申告ソフト部門の販売シェアランキング2位
①機能:   ※機能の説明ページはこちら

みんなの青色申告-メイン画面

[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
ヘルプが充実していてとても親切
対応する金融機関はとても少ないので利用者は限定されますが、銀行・クレジットカードデータ取込による一括自動仕訳に対応しています(使用条件あり)。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。
仕訳伝票インポート・エクスポート機能がないため、外部データを便利に活用できないのが残念です(上位バージョンの「会計王」では対応しています)。
②簡単操作:
導入時は、勘定科目の業務別テンプレートを利用すると、作業の手間を軽減できます。
初心者の方向けの入力方法が充実しています。取引種類選択入力、帳簿入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。
とても入力しやすいと思います。使いやすさを重視する方におすすめです。 伝票入力では、多くの項目(勘定科目・補助科目・摘要・仕訳パターン)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
みんなの青色申告-らくらく仕訳入力
[らくらく仕訳入力]  マウスを乗せると拡大
勘定科目が分からない、借方・貸方が難しい方でも、取引種類を選択すれば入力できる
みんなの青色申告-振替伝票入力が使いやすい
[振替伝票入力]  マウスを乗せると拡大
とても使いやすくて便利
③サポート・マニュアル:
電話サポートはもちろん、付属本も充実しています。
④費用:
サポートに加入しない場合、クラウド会計ソフトより安いです。サポートに加入する場合でも、弥生製品より安いです。 最大15か月間サポート無料キャンペーン中
基本:個人向け | インストール型 | Win対応 | PC1台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 取引種類選択入力 銀行取込 クレジット取込 家事按分
書類 元帳 試算表 推移表 / 確定申告書B 決算書 消費税申告書 固定資産台帳
※仕訳伝票インポート・エクスポートなし 書類エクスポート
初期軽減
簡単・使いやすい
電話
メール・FAX
サポート無:1,429
サポート有:6,289
詳細・スクリーンショット 公式サイト(無料体験版)
※利用者様の声・導入事例
「手書きの処理で修正するのが大変。表計算ソフトでも面倒なことが分かり・・・」
「初心者でもハードルが高くないソフトを」



3 7 8 1

freee(フリー) (freee㈱)
こんな方へ:銀行・クレジットカード・その他のデータ取込による一括自動仕訳を使って効率化、Macで使いたい方におすすめ。
シェアが高く、豊富な機能を有するクラウド会計ソフト。通常別途購入が必要になる見積書・請求書・支払調書(報酬)作成、スマートフォンアプリが利用できる。
総合評価: 
[評価理由]クラウド会計ソフトでシェアが高く、会計だけでなく「バックオフィス業務全般の最適化」を掲げる機能No1、急速に進化しているソフトです。入力方法は、初心者にとって分かりやすいが、少し独特である点を考慮して総合ランキング3位としています。

基本情報:
場所・端末を選ばず、WindowsとMacに対応するクラウド会計ソフト
freee[メイン画面]
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
クラウド型シェアNo.1(41%)(2014年12月デジタルインファクトより)。
(メディア紹介「NHK」「TV東京」「日本経済新聞」「朝日新聞」「日経ビジネス」「東洋経済」「Forbes」「TechCrunch」など)
・プランは3種類あります。プランにより、全般の取扱い(ユーザー数・機能・料金等)が異なります。
(ⅰ)スターター (ⅱ)スタンダード (ⅲ)プレミアム
ユーザー数 1人+アドバイザー 3人 3人
機能
入力・銀行等取込・請求書・レポート等
月次推移表・消費税申告・定期請求・合算請求・支払調書等
仕訳承認・経費精算等
サポート チャットとメール チャットとメール(優先) チャットとメール(優先)・電話等
年額 10,584円 21,384円 42,984円
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
***** 全プランで利用できる機能 *****
freee[自動で経理]
[自動で経理]  マウスを乗せると拡大
銀行・クレジットカード・その他(Amazon・楽天市場・請求書・POSレジ等)のデータ取込により一括自動仕訳して効率化したい方におすすめです。これらのデータから伝票を起こし、勘定科目も自動推測してくれます。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。
上記は、自動仕訳登録画面で、どんな仕訳でも入力できるので、この画面だけで入力を完結できるのが便利です(多項目を入力可、複合仕訳可、未決済取引の消込可)。さらに、独自の自動仕訳ルールも作成可(複合仕訳も可)。
freee[見積書・納品書・請求書]
[見積書・納品書・請求書]  マウスを乗せると拡大
見積書・納品書・請求書の作成が可能で、とても便利です。
それぞれの書類が変換できるようになっており、請求書の作成時は、仕訳の自動作成もできるので、売掛金管理の手間を大幅に削減できます。さらに、スタンダードプラン以上の場合は、定期請求・合算請求も可。
(お役にたちそうでしたら、当サイト自作の宛名印刷フリーソフト(無料)をご利用ください。画面イメージ→マウスを乗せると拡大 )
freee[確定申告書の作成]
[確定申告書の作成]  マウスを乗せると拡大
freeeでは、質問に、「はい」 か 「いいえ」 で答えていくと、確定申告書が作成できます。さらに、freeeでは、『 直接 』 電子申告が可能です。
freeeのスマホアプリは、直感的に操作ができて素晴らしいです。銀行等の一括自動仕訳(自動で経理)・レシート取込・請求書・確定申告など、PC版と同じような機能が利用できます。特に、銀行等の一括自動仕訳(自動で経理)は、勘定科目が自動提案されるため、スキマ時間を使って、簡単に登録できます。
モバイル版会計freeeの自動で経理
 [スマホの自動で経理] マウスを乗せると拡大
モバイル版会計freeeのレシート取込の流れ
 [スマホのレシート取込] マウスを乗せると拡大
***** プランにより取扱いが異なる機能 *****
スタータープランでは、月次推移表と消費税申告に対応していません。
②簡単操作(以下全プラン共通):
多くの製品のデータ移行形式に対応しています。対応製品であれば、そのままデータ移行ができるので乗り換えがスムーズです。
・初心者の方向けの入力方法は、帳簿入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。
freeeの入力方法は独特です。現預金取引などの場合は、簿記を意識せず、分かりやすいと思います。勘定科目のカテゴリ表示や説明があり、インストール型のように高速入力できます。ただし、この形式に当てはまらないような仕訳を入力する際、ややシンプルでないと思います。

[取引を登録]  マウスを乗せると拡大
・freeeが推奨する「取引を登録」画面では、多くの項目(取引テンプレート、勘定科目、取引先、品目、部門、メモタグ)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
③サポート・マニュアル(以下全プラン共通):

[ヘルプが充実]  マウスを乗せると拡大
表示中のページに関するヘルプがすぐに開けます。ヘルプは図解が多いので分かりやいです。
④費用:
・年額or月額料金制で、サポートとバージョンアップ付です。
サポートに加入しないインストール型と比較すると、割高です。
・スタンダードの料金は、通常、別途料金がかかる見積書・納品書・請求書等(定期請求・合算請求も可)の捉え方によると思います。請求書等が不要な方にとっては割高ですが、これらが必要な方にとっては、仕訳とも連動しますし、許容できる金額かもしれません。
基本:個人向け | クラウド型 | Win・Mac対応 | 3ユーザー
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 銀行取込 クレジット取込 その他取込 家事按分
書類 元帳 試算表 推移表 / 確定申告書B 決算書 消費税申告書 固定資産台帳 請求書・支払調書・スマホアプリ
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート
初期軽減
チャット・メール
サポート有:20,671
銀行取込・クレジット取込・その他取込による一括自動仕訳[詳細]
  銀行取込 クレジット取込 その他取込
対応金融機関 約3,600 約120 Amazon、楽天市場 等



データ取得時期 取引時 請求額確定時 Amazon→注文時
仕訳単位 取引明細ごと 利用明細ごと Amazon→注文ごと
登録内容 自動仕訳画面でどんな仕訳でも入力可(多項目の入力・複合仕訳・未決済取引の消込可)。任意の自動仕訳ルールも作成可(複合仕訳可)。

※上記の内容は、スタンダードプランの場合です。スタータープランの詳細は、ソフト詳細ページをご覧ください。
詳細・スクリーンショット
※利用者様の声・導入事例
「会計業務にかける時間が限りなくゼロになりました。」
「クラウドを活用して確定申告。仕事の合間に会計業務ができました 。」
「ユビレジ(iPadレジ)と同期し、会計ソフトへの売上入力を自動化 。 」 

「96%が来年もfreeeで確定申告を希望。クラウド会計ソフト freee が2015年確定申告期のアンケート調査結果を発表。 ~ クラウド会計の利用が急速に進み freee 登録事業所数は3月末で30万到達見込み ~ 」 



6 4 2 6

ミロクのかんたん!青色申告10(5年無料アップデート版)  (㈱ミロク情報サービス)
こんな方へ:機能はシンプル、サポートはメール対応でよいから、費用を抑えたい方にオススメ。
5年間、バージョンアップ費用は無料♪
総合評価: 

基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
画面のサイドメニューには、インターネットのお気に入りのように、よく使うメニューや科目を登録できるのが特徴です。また、入力項目などを選択すると、画面下に小さいヘルプが出るのも親切です。
仕訳伝票インポート・エクスポート機能はありますが、[CSV]形式に対応していません。
ミロクのかんたん!青色申告のメイン画面
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
ミロクのかんたん!青色申告の合計残高試算表
[合計残高試算表]  マウスを乗せると拡大
②簡単操作:
・初心者の方向けの入力方法は、帳簿入力、取引種類選択入力(らくらく仕訳ウィザード)に対応しています。
伝票入力では、一部の項目(勘定科目・補助科目・摘要)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
ミロクのかんたん!青色申告のらくらく仕訳ウィザード
[らくらく仕訳ウィザード]  マウスを乗せると拡大
③サポート・マニュアル:
・サポートは、購入から3か月無料です。その後は、次のいずれかを選択します。
・「あんしん!サポート」・・・有償。電話での問い合わせ可。
・「あんしん!スポット」・・・サポートを利用する都度有償。メールでの問い合わせは無料。
④費用:
「あんしん!スポット」のメール問い合わせでよい方は、無料なので費用を抑えることができます。ヘルプを読んだりして、ある程度、自己解決できる方などにはお勧めです。
他のインストール型とは異なり、5年間バージョンアップ費用は無料なので、常に最新版を使うことができます。
基本:個人向け | インストール型 | Win対応 | PC1台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 取引種類選択入力 家事按分
書類 元帳 試算表 推移表 / 確定申告書B 決算書 固定資産台帳
※仕訳伝票インポート・エクスポートなし 書類エクスポート
電話
メール・FAX
サポート有:2,402
(あんしん!スポット)
サポート有:7,532
(あんしん!サポート)
詳細・スクリーンショット 公式サイト(無料体験版)
 

1 6 4 2

MFクラウド確定申告 (㈱マネーフォワード)
こんな方へ:銀行・クレジットカード・その他(Amazon・楽天市場・請求書・POSレジ等)の取引データを同期して効率化、Macや複数ユーザー(何名でもOK)で使いたい方におすすめ。
高度な一括自動仕訳機能、高速仕訳入力が使いやすい、シンプルでコストパフォーマンスに優れたクラウド会計ソフト。
総合評価: 
[評価理由]利用ユーザー数・機能・使いやすさ・サポートなど総合的に見て、インストール型に負けない実力です。さらに、クラウド型のメリットも享受できることから、総合ランキング1位としています。
インストールなし、個人情報の入力なし、メールアドレスだけで始められますので、興味ある方は試してみるとよいかと思います。

基本情報:
MFクラウド確定申告[メイン画面]
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
場所・端末を選ばず、WindowsとMacに対応するクラウド会計ソフト
(メディア紹介「日経新聞」「ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)」「TechCrunch」「ITpro」など)
・有料プランは2種類です。違いは、電話サポートの有無です。
(ⅰ)ベーシックプラン (ⅱ)あんしん電話サポートベーシックプラン
ユーザー数 何名でも利用可
機能 全て利用可
サポート チャットとメール 電話とチャットとメール
年額 9,504円 18,576円
※セキュリティ体制などは、利用者400万人のクラウド家計簿アプリ「マネーフォワード」の実績なども参考にされてはいかがでしょうか((参考)「マネーフォワード」の評判・セキュリティ実績)。
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
銀行・クレジット・その他のデータ取込により一括自動仕訳して効率化したい方におすすめです。これらのデータから伝票を起こし、勘定科目も自動推測してくれます。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。
※導入無料、決済手数料3.25%程度、入金が最短翌日のスマホのクレジットカード決済、および、無料でも使えるPOSレジの比較はこちらのページをご覧ください。
上記の一括自動仕訳は、最も優れています。
楽天市場に対応し、Amazonは商品明細まで取得できます。また、自動仕訳登録画面で、どんな仕訳でも入力できるので、この画面だけで入力を完結できるのが便利です(多項目の入力可、複合仕訳可、未決済取引の消込可)。さらに、独自の自動仕訳ルールも作成可(複合仕訳も可)。
MFクラウド確定申告[自動仕訳]
[自動仕訳]  マウスを乗せると拡大
MFクラウド確定申告[費用レポート]
[費用レポート]  マウスを乗せると拡大
「MFクラウド請求書」と連携すると、請求書の作成に加えて、仕訳の自動作成もできるので、売掛金管理の手間を大幅に削減できます。請求書を定期的に自動作成、メール送信(一斉配信可)、郵送代行等のサービスが豊富なのでおすすめです。(はじめてでも簡単な当サイト自作の年賀状・封筒印刷フリーソフト(無料)を公開しています。と  Vector からダウンロードできますので、必要でしたらご利用ください。画面イメージ→マウスを乗せると拡大 )

マネーフォワードとMFクラウドのレシート取込の流れ
 [スマホを利用したレシート取込の流れ] マウスを乗せると拡大
確定申告書の入力ができますが、配偶者控除・医療費控除などの所得控除等の自動計算がされません(生命保険料控除など一部の項目は、参考値として表示されます)。
・スマホアプリを使うと、レシート取込や一部レポートの閲覧ができます。
②簡単操作:
多くの製品のデータ移行形式に対応しています。対応製品であれば、そのままデータ移行ができるので乗り換えがスムーズです。
初心者の方向けの入力方法が充実しています。取引種類選択入力、帳簿入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。

MFクラウド確定申告[仕訳帳入力]
[仕訳帳入力]  マウスを乗せると拡大
「仕訳帳入力」「総勘定元帳(β版)」「補助元帳(β版)」は、インストール型と同じように高速でとても入力しやすいと思います。使いやすさを重視する方におすすめです。多くの項目について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
必要に応じて 公式サイト
でお試しください。
③サポート・マニュアル:
・料金プランにより、問い合わせ方法が異なります。
・ベーシックプラン ・・・ チャット・メール可
・あんしん電話サポート付ベーシックプラン ・・・ 電話・チャット・メール可
④費用:
・年額or月額料金制で、サポートとバージョンアップ付です。
何名でも利用できます。複数ユーザーで使いたい方には、とてもお得で魅力的です。
サポートに加入しないインストール型と比較すると、割高です。
基本:個人向け | クラウド型 | Win・Mac対応 | ユーザー何名でもOK
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 取引種類選択入力 銀行取込 クレジット取込 その他取込 家事按分 スマホアプリ
書類 元帳 試算表 推移表 / 確定申告書B 決算書 固定資産台帳 
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート
初期軽減
簡単・使いやすい
チャット・メール
サポート有:9,345
銀行取込・クレジット取込・その他取込による一括自動仕訳[詳細]
  銀行取込 クレジット取込 その他取込
対応金融機関 約3,400 約120 Amazon、楽天市場 等



データ取得時期 取引時 カード利用時 Amazon→注文時
仕訳単位 取引明細ごと 利用明細ごと Amazon→商品明細ごと
登録内容 自動仕訳画面でどんな仕訳でも入力可(多項目の入力・複合仕訳・未決済取引の消込可)。任意の自動仕訳ルールも作成可(複合仕訳可)。

※上記の内容は、ベーシックプランの場合です。
詳細・スクリーンショット 口コミ・評判を調査
※公式サイト利用者様の声・導入事例
「エクセルで毎月丸1日かけていた会計処理が今は2時間で終わります。」
「忙しい経営者が会計データを揃えることに時間をかけるのはもったいない。」
「Macで使えるMFクラウドのおかげでコストが1/3に削減、無駄な時間も大幅カット。 」 

※旧名称は「マネーフォワード確定申告」。販売店では、ソースネクストより「MFクラウド確定申告(青色申告・白色申告)」という名称でも販売されています。


5 1 1 7

わくわく青色申告3 (㈱ピクシス)
こんな方へ:機能はシンプル、サポートはメール対応でよいから、費用を抑えたい方にオススメ。
軽微なバージョンアップ費用も無料♪
総合評価: 

基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
機能は全体的に少なめですが、もちろん元帳、試算表、決算書など基本的な書類を印刷できます。
逆に、機能が少ない分、シンプルで分かりやすいという方もいらっしゃるかもしれません。
わくわく青色申告のメイン画面
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
わくわく青色申告の振替伝票入力
[振替伝票]  マウスを乗せると拡大
②簡単操作:
初心者の方向けの入力方法は少ないです。対応しているのは、帳簿入力だけです。
・一部の項目(勘定科目・補助科目)について、名称を入力の都度検索がかかります。
④費用:
サポート料金は無料で、メール・ファックスでの問い合わせができます。ヘルプを読んだりして、ある程度、自己解決できる方などにはお勧めです。
軽微なバージョンアップ費用は無料です。
基本:個人向け | インストール型 | Win対応 | PC1台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 ※全体的に機能少ない
書類 元帳 試算表 推移表 / 決算書 消費税申告書 固定資産台帳
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート
メール・FAX
サポート有:1,478
詳細・スクリーンショット 公式サイト(無料体験版)
 

4.6 5 6 4

やよいの青色申告オンライン (弥生㈱)
こんな方へ:銀行・クレジットカード・その他のデータ取込による一括自動仕訳を使って効率化、Macで使いたい方におすすめ。
手厚いサポートを受けたい方、1年間無料で使えるキャンペーン中(2018/3/15申込まで) を有効活用したい方におすすめ♪
総合評価: 

基本情報:
やよいの青色申告オンライン[メイン画面]
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
場所・端末を選ばず、WindowsとMacに対応するクラウド会計ソフト
・有料プランは2種類です。違いは、電話サポートの有無です。
(ⅱ)セルフプラン (ⅲ)ベーシックプラン
ユーザー数 1人
機能 全て利用可
サポート なし あり(電話・チャット・メール)
年額 8,640円(初年度無料) 12,960円(初年度6,480円)
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
やよいの青色申告オンライン[スマート取引取込画面]
[スマート取引取込]  マウスを乗せると拡大
「スマート取引取込」により、銀行・クレジット・その他のデータから一括自動仕訳して効率化したい方におすすめです。これらのデータから伝票を起こし、勘定科目も自動推測してくれます。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。


やよいの青色申告オンライン[貸借レポート]
[貸借レポート]  マウスを乗せると拡大
上記、自動仕訳の登録画面で、入力できる仕訳に制限があります。例えば、消費税区分、摘要の修正、複合仕訳にする必要がある場合は、一度、自動仕訳した後に、別の画面(振替伝票など)を開き、その仕訳を修正しなければならないので不便です。
「Amazon」データの取込は、Zaim側は対応していますが、弥生側では対応していません(2017/2)。このようなケースもあるので、必要なサービスは、実際に無料体験で確認したほうがよいです。

「弥生レシート取込」の流れ
 [「弥生レシート取込」によるレシート取込] マウスを乗せると拡大
他の会計ソフトと比較すると、動作スピードが少し遅いです。
・スマホアプリを使うと、レシート取込や手入力ができます。
②簡単操作:
やよいの青色申告オンライン[かんたん取引入力]
[かんたん取引入力]  マウスを乗せると拡大
勘定科目が分からない、借方・貸方が難しい方でも、取引種類を選択すれば入力できる
初心者の方向けの入力方法が充実しています。
取引種類選択入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。
③サポート・マニュアル:
「ベーシックプラン」は、手厚いサポートが受けられます。電話・チャット・メールに対応し、仕訳・経理業務・消費税改正業務・マイナンバー相談が可能です。また、オペレーターが必要と判断した場合は、ユーザーのパソコン画面を共有して、アドバイスをしてくれます。
※「セルフプラン」は、サポートありません。
④費用:
・年額料金制です。
1年間無料で使えるキャンペーン中(2018/3/15申込まで1年間8,640円→0円)
「やよいの青色申告オンライン」の「セルフプラン」は最大14か月無料なので、長い間使ってみてソフトを選びたい方にはオススメです。
「やよいの白色申告 オンライン」は、”初期費用・月額ずっと0円”です( 公式サイト )。
基本:個人向け | クラウド型 | Win・Mac対応 | 1ユーザー
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 取引種類選択入力 銀行取込 クレジット取込 その他取込 家事按分 スマホアプリ
書類 元帳 試算表 推移表 / 確定申告書B 決算書 消費税申告書 固定資産台帳
仕訳伝票インポート・エクスポート ※書類エクスポートなし 
簡単
電話
チャット・メール
サポート無:6,624
(セルフプラン)
サポート有:11,232
(ベーシックプラン)
銀行取込・クレジット取込・その他取込による一括自動仕訳[詳細]
  銀行取込 クレジット取込 その他取込
対応金融機関 約1,400 約120 ※Amazonと楽天市場なし



データ取得時期 取引時 カード利用時 ※Amazon未対応のため未確認
仕訳単位 取引明細ごと 利用明細ごと ※Amazon未対応のため未確認
登録内容 自動仕訳画面で、入力できる仕訳に制限有(一部項目入力と複合仕訳と未決済取引の消込は不可。
任意の自動仕訳ルールは作成可(勘定科目と補助科目のみ設定可)。
※上記表は、外部サービス「Zaim」(Mac利用可)と連携したときの内容です。「スマート取引取込」の仕様は、「やよいの青色申告」「やよいの青色申告オンライン」いずれも同じです。
詳細・スクリーンショット
※利用者様の声・導入事例
「税務処理になるべく時間をかけたくないですよね。「かんたん取引入力」がすごく便利でした。」
「有償のメールサポートが一番助かっています。何年も使うものなので信用できる会社の製品を選びました 。」
「見た目がシンプルなのが気に入りました。「白色」からデータが引き継げるのが良いですね。 」 



4.5 0.5 3.5 4.5

ツカエル青色申告+確定申告16 (ビズソフト㈱)
こんな方へ:使いやすいソフト。
推移表とサポートが不要な方は、費用が安くおすすめです。
総合評価: 

基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
ツカエル青色申告+確定申告-ソフトイメージ
[メイン画面]
購入方法(パッケージ版・ダウンロード版)により、全般的に取り扱いが異なる点が分かりにくいです。必要なサービスをしっかり見極められる方でないと、選択が難しいと思います。
・パッケージ版は、利用PCは2台で、電話サポートにも対応する点がメリットです。しかし、オプション機能(推移表等)・サポートを利用すると割高になります。
・ダウンロード版は、サポートと全てのオプション機能付で、年間利用料が安く設定されています。しかし、利用PCは1台で、電話での問い合わせはできません。
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
対応する金融機関はとても少ないので利用者は限定されますが、銀行データ取込による一括自動仕訳に対応しています。このような取引が多い方は、データ入力を大幅に効率化できおすすめです。
パッケージ版の場合は、推移表等がオプション機能となっています。推移表は、分析とまではいかなくても、売上等の月次残高推移を確認するために、あった方がよい機能だと思います。
②簡単操作:
初心者の方向けの入力方法が充実しています。取引種類選択入力、帳簿入力、銀行取込に対応しています。
とても入力しやすいと思います。使いやすさを重視する方にオススメです。 伝票入力では、多くの項目(勘定科目・補助科目・摘要・仕訳パターン)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
③サポート・マニュアル:
パッケージ版の場合は、電話・WEBによる問い合わせ+ガイドブック付です。
ダウンロード版の場合は、WEBによる問い合わせのみです。
④費用:
推移表等のオプションとサポートが必要ない方は、費用が安くおすすめです。
基本:個人向け | インストール型 | Win対応 | PC1or2台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 取引種類選択入力 銀行取込 家事按分
書類 元帳 試算表 推移表なし / 確定申告書B 決算書 消費税申告書 固定資産台帳
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート
簡単・使いやすい
電話
WEB
サポート無:1,232
サポート有:8,036
※上記の内容は、パッケージ版でオプション機能なしの場合です。推移表は、オプション機能として追加することもできます。このソフトは、購入方法等により、全般的に取扱いが変わりますので、ソフト詳細ページ、または、公式サイトで詳細をご確認ください。

詳細・スクリーンショット 公式サイト(無料体験版)
 
20 20 20 20
ランキングTopへ_

<その他のソフト>
上記以外のソフトを簡単にご紹介します(順不同)。興味があるソフトは、公式サイトでご確認ください。
21 21 21 21
■ネットde青色申告 (㈱パイプドビッツ)
ネットde青色申告-ソフトイメージ
基本情報:
・場所・端末を選ばず、WindowsとMacに対応するクラウド会計ソフト
・セキュリティ体制に力を入れているのが特徴です(総務省推奨の認定取得)。利用ユーザー数は2人です。
①機能:
他のクラウド会計ソフトとは異なり、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しているのは、ジャパンネット銀行のみです。
③サポート等:
電話・メールに対応しています。
④費用:
全ての基本機能が、ずっと無料で利用できます。決算書を作成するときに、年3,000円を支払うという仕組みです。
サポートは、問い合わせが必要になったときだけ、内容によって定められた料金(無料~3,000円)を仕組みです。
公式サイト(無料体験版)
22 22 22 22
■財務応援R4 Lite (エプソン)
財務応援R4-ソフトイメージ
基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
・主に小規模法人向けですが、個人事業主の「青色申告決算書」にも対応しています。
①機能:
・好みによると思いますが、振替伝票の入力画面が、「コクヨ形式」だったり、「単一振替形式」で1対1の仕訳入力できるのが特徴です。
振替伝票は、「コード」または「名称」で入力の都度検索がかかります。ただし、検索リストの内容を転記するには、マウスで選択する必要があると思います。
③サポート等:
電話・ファックスに対応しています。
パソコン操作に不慣れなユーザーの場合は、遠隔サポートを受けられるのが特徴です。オペレーターが必要と判断した場合、ユーザーのパソコン画面を共有して、アドバイスをしてくれます。
④費用:
他の青色申告ソフトと比較すると、価格が高いのが欠点です。5年間利用時の1年あたり税込費用は、サポート無:7,950円、サポート有:25,230円です。
インストール型なので、ソフトの購入価格だけでなく、サポートに加入すると毎年費用がかかります(バージョンアップ費用は無料になります)。
・購入価格: 39,749円(価格コム最安値)
・サポート料金: 年21,600円  ※初年度のサポート料金は無料です。
公式サイト(無料体験版)
25 25 25 25
■奉行J Personal (OBC)
TVCM等でもOBCの「勘定奉行(主に中規模法人向け)」はとても有名かと思いますので、簡単にご紹介します。

個人事業主向けには、「奉行J Personal」というクラウド会計ソフトがリリースされる予定です(時期未定)。銀行・クレジット明細の取込にも対応する予定のようです。
公式サイト
ランキングTopへ_

[小規模法人] 


会計ソフト種類の絞り込み  件ヒット
前述の通り、利用される方の状況にもよりますが、総合的には、クラウド会計ソフトの方が優位だと思います。
  
※Macユーザーなどクラウド会計ソフトに絞っている個人事業主の方は、以下の特集ページをご覧ください。
なお、法人の方でも、基本的に、機能・簡単操作は変わりませんのでご参考ください。
[特集]クラウド会計比較

ランキング
選択したランキングが、おすすめの順番に表示されます。
  こんなタイプの方にオススメ

経理初心者の方は、こちらのランキングをご覧ください。
簡単に言いますと、各ソフトのレビューと比較表で     が多く、    が少ないソフトを評価しています(当サイトを初めて訪問された方など、ランキングの妥当性を確認したい場合は、比較表形式にしていただくと分かりやすいと思います)。
 ランク付けの基準詳細を表示する
次のような目的に応じて、必要な機能を確認していただくとよいです( 各ソフト比較表の     部分 )。
・入力作業の効率性や利便性を重視する方・・・銀行・クレジットカード・その他の取込
・業務を細かく分析したい方・・・部門管理・印刷書類
コスト重視で、ある程度経理や会計ソフトの知識がある方。
コスト重視だけど、電話、または、メールなど問い合わせサポートがあった方が安心という方。
ソフトによっては、加入するサポートの種類により費用が異なります。この場合、各ソフト比較表に記載されたサポートでのランキングになります。

[表示形式]



[表の見方]
  :優れている    :劣る  :使用条件あり :電話サポート有  :チャット・メール・ファックスいずれかのサポート有
詳細   
:各ソフト詳細ページの関連箇所とスクリーンショットの拡大図を表示
クリックすると、 不要なソフトを非表示にできます(更新・戻るボタンで初期に戻ります)
2 3 6 4

弥生会計17スタンダード (弥生㈱)
こんな方へ:販売シェアNo1、手厚いサポートがある経理初心者向けの定番ソフト
確実なソフトを選びたい方におすすめ♪
総合評価: 
[評価理由]前述の通り、今後はクラウド化が進むと思われますが、現時点では、圧倒的な販売シェア、機能・サポートなど総合的に優れている点から、総合ランキング2位としています。


基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
弥生会計[メイン画面]
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
人気No1、販売シェアNo1(BCN AWARD 2015 販売シェアランキング1位)なので、できれば一度体験版を使ってみるとよいと思います。Amazonの口コミでも、多くの方がソフトを高く評価しています。ただし、サポートの勧誘・自動継続に対する評判が良くないようです。インストール型では珍しく、一つの製品で、もう1台のPCにインストールできます。外出用パソコンでも使いたい方には便利です。
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
弥生会計[スマート取引取込画面]
[スマート取引取込画面]  マウスを乗せると拡大
「スマート取引取込(Webページ)」より銀行・クレジットカード・その他(POSレジ等)のデータから一括自動仕訳して効率化したい方におすすめです(サポート加入が利用条件なので、毎年費用が発生します)。これらのデータから伝票を起こし、勘定科目も自動推測してくれます。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。
機能自体は、他のクラウド会計ソフトよりやや劣ります。上記、自動仕訳の登録画面で、入力できる仕訳に制限があります。例えば、消費税区分、摘要の修正、複合仕訳にする必要がある場合は、一度、自動仕訳した後に、別の画面(振替伝票など)を開き、その仕訳を修正しなければならないので不便です。
「Amazon」データの取込は、Zaim側は対応していますが、弥生側では対応していません(2017/2)。このようなケースもあるので、必要なサービスは、実際に無料体験で確認したほうがよいです。
※スマート取引取込を利用するためには、弥生のクラウド版と同様に、毎年費用が発生します。クラウドの利便性やキャンペーンのメリットも享受したい方は、以下も検討するとよいです。
また、当ソフトの無料体験版では、「スマート取引取込」を利用できませんので、以下よりお試しください。
弥生会計オンライン 1年間無料の起業家応援キャンペーン中[2017/12/31申込分まで]
②簡単操作:
導入時は、勘定科目の業務別テンプレートを利用すると、作業の手間を軽減できます。
初心者の方向けの入力方法が充実しています。取引種類選択入力、帳簿入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。
とても入力しやすいと思います。使いやすさを重視する方におすすめです。 伝票入力では、多くの項目(勘定科目・補助科目・摘要・仕訳パターン)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
弥生会計-かんたん取引入力
[かんたん取引入力]  マウスを乗せると拡大
勘定科目が分からない、借方・貸方が難しい方でも、取引種類を選択すれば入力できる
弥生会計[仕訳アドバイザー]

[仕訳アドバイザー]  マウスを乗せると拡大
勘定科目・仕訳を多くの事例の中から検索できる
③サポート・マニュアル:
サポートが充実しています。サポートは、安い順に、「セルフプラン」「ベーシックプラン」「トータルプラン」の3種類あります。
「ベーシックプラン」以上で、電話サポートに対応しています。また、オペレーターが必要と判断した場合は、ユーザーのパソコン画面を共有して、アドバイスをしてくれます。「ベーシックプラン」以上のサポートで、操作方法の問い合わせはもちろん、仕訳相談や経理業務相談まで対応しています。最大15か月間サポート無料or割引キャンペーン中
弥生製品は、分からないことがあっても、インターネットや書籍等でも情報が見つかりやすいので、経理初心者の方にオススメです。
④費用:
サポートに加入しない場合、クラウド会計ソフトより安いです。
「ベーシックプラン」以上のサポートに加入する場合、他の会計ソフトよりも割高になります。
基本:小法人向け | インストール型 | Win対応 | PC1台+1台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 取引種類選択入力 銀行取込 クレジット取込 その他取込 
書類 元帳 試算表 推移表 / 法人決算書 消費税申告書 固定資産台帳
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート
初期軽減
簡単・使いやすい
電話
メール
サポート無:6,959
サポート有:31,259
(ベーシックプラン)
銀行取込・クレジット取込・その他取込による一括自動仕訳[詳細]
  銀行取込 クレジット取込 その他取込
対応金融機関 約1,400 約120 ※Amazonと楽天市場なし



データ取得時期 取引時 カード利用時 ※Amazon未対応のため未確認
仕訳単位 取引明細ごと 利用明細ごと ※Amazon未対応のため未確認
登録内容 自動仕訳画面で、入力できる仕訳に制限有(一部項目入力と複合仕訳と未決済取引の消込は不可。
任意の自動仕訳ルールは作成可(勘定科目と補助科目のみ設定可)。
※上記表は、外部サービス「Zaim」(Mac利用可)と連携したときの内容です。
詳細・スクリーンショット  使い方 
※利用者様の声・導入事例
「パソコンも簿記も未経験のオーナーが自計化をスタート」
「会計処理をエクセルから弥生会計に変えて便利さを実感 」
「支援するベンチャー企業には最初から弥生会計を勧めている 」



4 2 4 2

会計王17 (ソリマチ㈱)
こんな方へ:経理初心者向けのとても使いやすい会計ソフト
印刷書類の多さや部門管理を重視する方にオススメ♪
総合評価: 
[評価理由]販売シェアランキングの上位にランクインし、実力があるソフトです。豊富な印刷書類が魅力です。

基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
BCN AWARD 2015 業務ソフト部門の販売シェアランキング3位。
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
対応する金融機関はとても少ないので利用者は限定されますが、銀行・クレジットカードデータ取込による一括自動仕訳に対応しています。(使用条件あり)。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。
予算実績管理や部門管理などの機能にも対応しています。そのため、多少会社規模が大きくなっても、ある程度の期間はそのまま使い続けることもできます(ただし、1製品でインストールできるPCは1台です)。
会計王-メイン画面
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
ヘルプが充実していてとても親切


[分析メニュー]  マウスを乗せると拡大
分析書類が充実していて、グラフ表示も可能
②簡単操作:
導入時は、勘定科目の業務別テンプレートを利用すると、作業の手間を軽減できます。
初心者の方向けの入力方法が充実しています。取引種類選択入力、帳簿入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。
とても入力しやすいと思います。使いやすさを重視する方におすすめです。 伝票入力では、多くの項目(勘定科目・補助科目・摘要・仕訳パターン)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
会計王-らくらく仕訳入力
[らくらく仕訳入力]  マウスを乗せると拡大
勘定科目が分からない、借方・貸方が難しい方でも、取引種類を選択すれば入力できる
会計王-振替伝票入力が使いやすい
[振替伝票入力]  マウスを乗せると拡大
とても使いやすくて便利
③サポート・マニュアル:
電話サポートはもちろん、付属本も充実しています。
④費用:
サポートに加入しない場合、クラウド会計ソフトより安いです。最大15か月間サポート無料キャンペーン中
サポートに加入する場合、他の会計ソフトよりも割高になります。
基本:小法人向け | インストール型 | Win対応 | PC1台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 取引種類選択入力 銀行取込 クレジット取込
書類 元帳 試算表 推移表 / 法人決算書 消費税申告書 固定資産台帳 / 損益分岐点分析 予算実績管理
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート 部門管理
初期軽減
簡単・使いやすい
電話
メール・FAX
サポート無:5,644
サポート有:29,944
詳細・スクリーンショット 公式サイト(無料体験版)
※利用者様の声・導入事例
「手間はかかるし保存書類は溜まる一方。何とか会計処理を効率的に・・・」
「手作業で行っていた会計処理にはミスもあり・・・」



5 1.5 1.5 4.5

ミロクのかんたん!法人会計10 (㈱ミロク情報サービス)
こんな方へ:サポートはメール対応でよいから、費用を抑えたい方にオススメ。
印刷書類の多さや部門管理を重視する方にオススメ♪
総合評価: 

基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト

[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
予算実績管理や部門管理などの機能にも対応しています。そのため、多少会社規模が大きくなっても、ある程度の期間はそのまま使い続けることもできます(ただし、1製品でインストールできるPCは1台です)。
画面のサイドメニューには、インターネットのお気に入りのように、よく使うメニューや科目を登録できるのが特徴です。また、入力項目などを選択すると、画面下に小さいヘルプが出るのも親切です。
仕訳伝票インポート・エクスポート機能はあるのですが、[CSV]形式に対応してません。
ミロクのかんたん!青色申告の合計残高試算表
[合計残高試算表]  マウスを乗せると拡大

[分析書類]  マウスを乗せると拡大
②簡単操作:
初心者の方向けの入力方法は少ないです。対応しているのは、帳簿入力だけです。
伝票入力では、一部の項目(勘定科目・補助科目・摘要)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
③サポート・マニュアル:
・サポートは、購入から3か月無料です。その後は、次のいずれかを選択します。
・「あんしん!サポート」・・・有償。電話での問い合わせ可。
・「あんしん!スポット」・・・サポートを利用する都度有償。メールでの問い合わせは無料。
④費用:
「あんしん!スポット」のメール問い合わせでよい方は、無料なので費用を抑えることができます。ヘルプを読んだりして、ある程度、自己解決できる方などにはお勧めです。
基本:小法人向け | インストール型 | Win対応 | PC1台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力
書類 元帳 試算表 推移表 / 法人決算書 消費税申告書 固定資産台帳 /キャッシュフロー計算書 損益分岐点分析 予算実績管理
※仕訳伝票インポート・エクスポートなし 書類エクスポート 部門管理
電話
メール・FAX
サポート有:4,577
(あんしん!スポット)
サポート有:25,077
(あんしん!サポート)
詳細・スクリーンショット 公式サイト(無料体験版)
 ※ミロクの小規模法人向け会計ソフトは、「ミロクのかんたん!会計10」と「ミロクのかんたん!法人会計10」があります。この2つは、価格が大きく変わらないことから、当サイトでは、機能が多い「ミロクのかんたん!法人会計10」を紹介しています。

7 1 1 7

わくわく財務会計3 (㈱ピクシス)
こんな方へ:機能はシンプル、サポートはメール対応でよいから、費用を抑えたい方にオススメ。
軽微なバージョンアップ費用も無料♪
総合評価: 

基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
わくわく財務会計のメイン画面
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
機能は全体的に少なめですが、もちろん元帳、試算表、決算書など基本的な書類を印刷できます。
逆に、機能が少ない分、シンプルで分かりやすいという方もいらっしゃるかもしれません。
経営ツールとして、売上推移グラフや売上月次推移グラフを出力することができます。

[売上推移グラフ]  マウスを乗せると拡大
わくわく財務会計の財務構成グラフ
[売上月次推移グラフ]  マウスを乗せると拡大
②簡単操作:
初心者の方向けの入力方法は少ないです。対応しているのは、帳簿入力だけです。
・一部の項目(勘定科目・補助科目)について、名称を入力の都度検索がかかります。
④費用:
サポート料金は無料で、メール・ファックスでの問い合わせができます。ヘルプを読んだりして、ある程度、自己解決できる方などにはお勧めです。
軽微なバージョンアップ費用は無料です。
基本:小法人向け | インストール型 | Win対応 | PC1台
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力  ※全体的に機能少ない
書類 元帳 試算表 推移表 / 法人決算書 消費税申告書 固定資産台帳 / 損益分岐点分析 
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート
メール・FAX
サポート有:2,078
詳細・スクリーンショット 公式サイト(無料体験版)
 

3 5 2 1

freee(フリー) (freee㈱)
こんな方へ:銀行・クレジットカード・その他のデータ取込による一括自動仕訳を使って効率化、Macや3人で使いたい方におすすめ。
シェアが高く、豊富な機能を有するクラウド会計ソフト。通常別途購入が必要になる見積書・請求書・支払調書(報酬)作成、スマートフォンアプリが利用できる。
総合評価: 
[評価理由]クラウド会計ソフトでシェアが高く、会計だけでなく「バックオフィス業務全般の最適化」を掲げる機能No1、急速に進化しているソフトです。入力方法は、初心者にとって分かりやすいが、少し独特である点を考慮して総合ランキング3位としています。

基本情報:
場所・端末を選ばず、WindowsとMacに対応するクラウド会計ソフト
freee[メイン画面]
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
クラウド型シェアNo.1(41%)(2014年12月デジタルインファクトより)。
(メディア紹介「NHK」「TV東京」「日本経済新聞」「朝日新聞」「日経ビジネス」「東洋経済」「Forbes」「TechCrunch」など)
○以下のプランがあります。プランにより、全般の取扱い(機能・サポート・料金等)が異なります。
(ⅰ)ライトプラン (ⅱ)ビジネスプラン
ユーザー数 3人 3人
機能
入力・銀行等取込・請求書・レポート・月次推移表・消費税申告等
定期請求・経費精算等
サポート チャットとメール(優先)等 チャットとメール(優先)と電話等
年額 21,384円 42,984円

以下①②③④のコメントは、ライトプランとビジネスプラン共通です。
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
freee自動で経理
[自動で経理]  マウスを乗せると拡大
銀行・クレジットカード・その他(Amazon・楽天市場・請求書・POSレジ等)のデータ取込により一括自動仕訳して効率化したい方におすすめです。これらのデータから伝票を起こし、勘定科目も自動推測してくれます。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。
上記は、自動仕訳登録画面で、どんな仕訳でも入力できるので、この画面だけで入力を完結できるのが便利です(多項目を入力可、複合仕訳可、未決済取引の消込可)。さらに、独自の自動仕訳ルールも作成可(複合仕訳も可)。
freee見積書・納品書・請求書
[見積書・納品書・請求書]  マウスを乗せると拡大
見積書・納品書・請求書の作成が可能で、とても便利です。
それぞれの書類が変換できるようになっており、請求書の作成時は、仕訳の自動作成もできるので、売掛金管理の手間を大幅に削減できます。さらに、ビジネスプランの場合は、定期請求・合算請求も可。
(お役にたちそうでしたら、当サイト自作の宛名印刷フリーソフト(無料)をご利用ください。画面イメージ→マウスを乗せると拡大 )
freeeのスマホアプリは、直感的に操作ができて素晴らしいです。銀行等の一括自動仕訳(自動で経理)・レシート取込・請求書など、PC版と同じような機能が利用できます。特に、銀行等の一括自動仕訳(自動で経理)は、勘定科目が自動提案されるため、スキマ時間を使って、簡単に登録できます。
モバイル版会計freeeの自動で経理
 [スマホの自動で経理] マウスを乗せると拡大
モバイル版会計freeeのレシート取込の流れ
 [スマホのレシート取込] マウスを乗せると拡大
②簡単操作:
多くの製品のデータ移行形式に対応しています。対応製品であれば、そのままデータ移行ができるので乗り換えがスムーズです。
・初心者の方向けの入力方法は、帳簿入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。
freeeの入力方法は独特です。現預金取引などの場合は、簿記を意識せず、分かりやすいと思います。勘定科目のカテゴリ表示や説明があり、インストール型のように高速入力できます。ただし、この形式に当てはまらないような仕訳を入力する際、ややシンプルでないと思います。

[取引を登録]  マウスを乗せると拡大
freeeが推奨する「取引を登録」画面では、多くの項目(取引テンプレート、勘定科目、取引先、品目、部門、メモタグ)について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
③サポート・マニュアル:
freee-ヘルプが充実して分かりやすい
[ヘルプが充実]  マウスを乗せると拡大
表示中のページに関するヘルプがすぐに開けます。ヘルプは図解が多いので分かりやいです。
④費用:
・年額or月額料金制で、サポートとバージョンアップ付です。
3ユーザーまで利用できます。複数ユーザーで使いたい方には、とてもお得でおすすめです。
サポートに加入しないインストール型と比較すると、割高です。
基本:小法人向け | クラウド型 | Win・Mac対応 | 3ユーザー
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 銀行取込 クレジット取込 その他取込
書類 元帳 試算表 推移表 / 法人決算書 消費税申告書 固定資産台帳 / 請求書・支払調書・スマホアプリ
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート 部門管理
初期軽減
チャット・メール
サポート有:20,671
銀行取込・クレジット取込・その他取込による一括自動仕訳[詳細]
  銀行取込 クレジット取込 その他取込
対応金融機関 約3,600 約120 Amazon、楽天市場 等



データ取得時期 取引時 請求額確定時 Amazon→注文時
仕訳単位 取引明細ごと 利用明細ごと Amazon→注文ごと
登録内容 自動仕訳画面でどんな仕訳でも入力可(多項目の入力・複合仕訳・未決済取引の消込可)。任意の自動仕訳ルールも作成可(複合仕訳可)。

※上記の内容は、ライトプランの場合です。ビジネスプランの詳細は、ソフト詳細ページをご覧ください。
詳細・スクリーンショット
※利用者様の声・導入事例
「会計業務にかける時間が限りなくゼロになりました。」
「クラウドを活用して確定申告。仕事の合間に会計業務ができました 。」
「ユビレジ(iPadレジ)と同期し、会計ソフトへの売上入力を自動化 。 」 

「96%が来年もfreeeで確定申告を希望。クラウド会計ソフト freee が2015年確定申告期のアンケート調査結果を発表。 ~ クラウド会計の利用が急速に進み freee 登録事業所数は3月末で30万到達見込み ~ 」 



1 6 3 3

MFクラウド会計 (㈱マネーフォワード)
こんな方へ:銀行・クレジットカード・その他(Amazon・楽天市場・請求書・POSレジ等)の取引データを同期して効率化、Macや複数ユーザー(何名でもOK)で使いたい方におすすめ。
高度な一括自動仕訳機能、高速仕訳入力が使いやすい、シンプルでコストパフォーマンスに優れたクラウド会計ソフト。
総合評価: 
[評価理由]利用ユーザー数・機能・使いやすさ・サポートなど総合的に見て、インストール型に負けない実力です。さらに、クラウド型のメリットも享受できることから、総合ランキング1位としています。
インストールなし、個人情報の入力なし、メールアドレスだけで始められますので、興味ある方は試してみるとよいかと思います。

基本情報:

[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
場所・端末を選ばず、WindowsとMacに対応するクラウド会計ソフト(メディア紹介「日経新聞」「ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)」「TechCrunch」「ITpro」など)
・主要な有料プランは2種類あります。違いは、機能です。
(ⅰ)ライトプラン (ⅱ)ベーシックプラン
ユーザー数 何名でも利用可
機能
入力・銀行等取込・会計帳簿・決算書等ほとんど利用可
・電子証明書対応・部門無制限・総合振込の明細単位での取得(対応銀行5件)
サポート 電話・チャット・メール・訪問(有料)
年額 23,522円 35,402円
※セキュリティ体制などは、利用者400万人のクラウド家計簿アプリ「マネーフォワード」の実績なども参考にされてはいかがでしょうか((参考)「マネーフォワード」の評判・セキュリティ実績)。
以下①~④のコメントは、ライトプランとベーシックプラン共通です。
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
銀行・クレジット・その他のデータ取込により一括自動仕訳して効率化したい方におすすめです。これらのデータから伝票を起こし、勘定科目も自動推測してくれます。このような取引が多い方は、データの入力ミスも減り、大幅に効率化することができます。
上記の一括自動仕訳は、最も優れています。
楽天市場に対応し、Amazonは商品明細まで取得できます。また、自動仕訳登録画面で、どんな仕訳でも入力できるので、この画面だけで入力を完結できるのが便利です(多項目の入力可、複合仕訳可、未決済取引の消込可)。さらに、独自の自動仕訳ルールも作成可(複合仕訳も可)。
ただし、電子証明書が必要な金融機関との連携は、ベーシックプランのみ対応しています。

[自動仕訳]  マウスを乗せると拡大

[費用レポート]  マウスを乗せると拡大

マネーフォワードとMFクラウドのレシート取込の流れ
 [スマホを利用したレシート取込の流れ] マウスを乗せると拡大
「MFクラウド請求書」と連携すると、請求書の作成に加えて、仕訳の自動作成もできるので、売掛金管理の手間を大幅に削減できます。請求書を定期的に自動作成、メール送信(一斉配信可)、郵送代行等のサービスが豊富なのでおすすめです。(はじめてでも簡単な当サイト自作の年賀状・封筒印刷フリーソフト(無料)を公開しています。と  Vector からダウンロードできますので、必要でしたらご利用ください。画面イメージ→マウスを乗せると拡大 )
・スマホアプリを使うと、レシート取込や一部レポートの閲覧ができます。
②簡単操作:
多くの製品のデータ移行形式に対応しています。対応製品であれば、そのままデータ移行ができるので乗り換えがスムーズです。
初心者の方向けの入力方法が充実しています。取引種類選択入力、帳簿入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。


[仕訳帳入力]  マウスを乗せると拡大
「仕訳帳入力」「総勘定元帳(β版)」「補助元帳(β版)」は、インストール型と同じように高速でとても入力しやすいと思います。使いやすさを重視する方におすすめです。多くの項目について、コードまたは名称を入力の都度検索がかかります。
必要に応じて 公式サイト
でお試しください。
③サポート・マニュアル:
サポートの問い合わせ方法が多いのが特徴です。電話・メール・チャットに加え、訪問サポート(別途有料)もあります。
④費用:
・年額or月額料金制で、サポートとバージョンアップ付です。
何名でも利用できます。複数ユーザーで使いたい方には、とてもお得で魅力的です。
サポートに加入しないインストール型と比較すると、割高です。
基本:小法人向け | クラウド型 | Win・Mac対応 | ユーザー何名でもOK
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 帳簿入力 取引種類選択入力 銀行取込 クレジット取込 その他取込 スマホアプリ
書類 元帳 試算表 推移表 / 法人決算書 固定資産台帳 
仕訳伝票インポート・エクスポート 書類エクスポート 部門管理
初期軽減
簡単・使いやすい
電話
チャット・メール
訪問(有料)
サポート有:23,130
銀行取込・クレジット取込・その他取込による一括自動仕訳[詳細]
  銀行取込 クレジット取込 その他取込
対応金融機関 約3,400 約120 Amazon、楽天市場 等



データ取得時期 取引時 カード利用時 Amazon→注文時
仕訳単位 取引明細ごと 利用明細ごと Amazon→商品明細ごと
登録内容 自動仕訳画面でどんな仕訳でも入力可(多項目の入力・複合仕訳・未決済取引の消込可)。任意の自動仕訳ルールも作成可(複合仕訳可)。

※上記の内容は、ライトプランの場合です。
詳細・スクリーンショット 口コミ・評判を調査
※利用者様の声・導入事例
「エクセルで毎月丸1日かけていた会計処理が今は2時間で終わります。」
「忙しい経営者が会計データを揃えることに時間をかけるのはもったいない。」
「Macで使えるMFクラウドのおかげでコストが1/3に削減、無駄な時間も大幅カット。 」 

※旧名称は「マネーフォワード For BUSINESS」。販売店では、ソースネクストより「MFクラウド会計」という名称でも販売されています。


6 7 7 6

弥生会計オンライン (弥生㈱) 
こんな方へ:銀行・クレジットカード・その他(POSレジ等)の取引データを同期して効率化、Macで使いたい方におすすめ。手厚いサポートを受けたい方、1年間無料の起業家応援キャンペーンを有効活用したい方におすすめ♪
総合評価: 

基本情報:
弥生会計オンライン[メイン画面]
[メイン画面]  マウスを乗せると拡大
場所・端末を選ばず、WindowsとMacに対応するクラウド会計ソフト他のクラウド型と比較すると利用ユーザーは1人だけです。
・有料プランは2種類です。違いは、電話サポートの有無です。
セルフプラン ベーシックプラン
ユーザー数 1人
機能 全て
サポート なし あり(電話・チャット・メール)
年額 28,080円 32,400円
①機能:   ※機能の説明ページはこちら
弥生会計オンライン[スマート取引取込画面]
[スマート取引取込]  マウスを乗せると拡大
「スマート取引取込」により、銀行・クレジット・その他のデータから一括自動仕訳して効率化したい方におすすめです。これらのデータから伝票を起こし、勘定科目も自動推測してくれます。このような取引が多い方は、データの入力ミスが減り、大幅に効率化することができます。


弥生会計オンライン[貸借レポート]
[貸借レポート]  マウスを乗せると拡大
上記、自動仕訳の登録画面で、入力できる仕訳に制限があります。例えば、消費税区分、摘要の修正、複合仕訳にする必要がある場合は、一度、自動仕訳した後に、別の画面(振替伝票など)を開き、その仕訳を修正しなければならないので不便です。
「Amazon」データの取込は、Zaim側は対応していますが、弥生側では対応していません(2017/2)。このようなケースもあるので、必要なサービスは、実際に無料体験で確認したほうがよいです。

「弥生レシート取込」の流れ
 [「弥生レシート取込」によるレシート取込] マウスを乗せると拡大
他の会計ソフトと比較すると、動作スピードが少し遅いです。
・スマホアプリを使うと、レシート取込や手入力ができます。
②簡単操作:
弥生会計オンライン[かんたん取引入力]
[かんたん取引入力]  マウスを乗せると拡大
勘定科目が分からない、借方・貸方が難しい方でも、取引種類を選択すれば入力できる
初心者の方向けの入力方法が充実しています。取引種類選択入力、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しています。
③サポート・マニュアル:
・契約プランは、2種類あります(いずれもバージョンアップ付)。
「ベーシックプラン」は、サポートが充実しています。電話・チャット・メールに対応し、仕訳・経理業務・消費税改正業務・マイナンバー相談が可能です。また、オペレーターが必要と判断した場合は、ユーザーのパソコン画面を共有して、アドバイスをしてくれます。
※「セルフプラン」は、サポートありません。
④費用:
・年額料金制です。
1年間無料の起業家応援キャンペーン中(2015年1月以降に法人登記した方)
「セルフプラン」「ベーシックプラン」のいずれも最大14か月無料なので、このキャンペーンを有効活用したい方にはオススメです。
サポートの有無にかかわらず割高です。
基本:小法人向け | クラウド型 | Win・Mac対応 | 1ユーザー
①機能 ②簡単 ③サポート ④費用(年)
入力 振替伝票 取引種類選択入力 銀行取込 クレジット取込 その他取込 スマホアプリ
書類 元帳 試算表 推移表 / 法人決算書 固定資産台帳
仕訳伝票インポート・エクスポート ※書類エクスポートなし 
簡単
電話
チャット・メール
サポート無:28,080
(セルフプランの場合)
サポート有:32,400
(ベーシックプラン)
銀行取込・クレジット取込・その他取込による一括自動仕訳[詳細]
  銀行取込 クレジット取込 その他取込
対応金融機関 約1,400 約120 ※Amazonと楽天市場なし



データ取得時期 取引時 カード利用時 ※Amazon未対応のため未確認
仕訳単位 取引明細ごと 利用明細ごと ※Amazon未対応のため未確認
登録内容 自動仕訳画面で、入力できる仕訳に制限有(一部項目入力と複合仕訳と未決済取引の消込は不可。
任意の自動仕訳ルールは作成可(勘定科目と補助科目のみ設定可)。
※上記表は、外部サービス「Zaim」(Mac利用可)と連携したときの内容です。「スマート取引取込」の仕様は、「やよいの青色申告」「やよいの青色申告オンライン」いずれも同じです。
詳細・スクリーンショット
※利用者様の声・導入事例
以下はやよいの青色申告オンラインの導入事例です。
「税務処理になるべく時間をかけたくないですよね。「かんたん取引入力」がすごく便利でした。」
「有償のメールサポートが一番助かっています。何年も使うものなので信用できる会社の製品を選びました 。」



20 20 20 20
ランキングTopへ_

<その他のソフト>
上記以外のソフトを簡単にご紹介します(順不同)。興味があるソフトは、公式サイトでご確認ください。
21 21 21 21
■ネットde会計 (㈱パイプドビッツ)
ネットde会計-ソフトイメージ
基本情報:
・場所・端末を選ばず、WindowsとMacに対応するクラウド会計ソフト
・セキュリティ体制に力を入れているのが特徴です(総務省推奨の認定取得)。
①機能:
部門やプロジェクト管理に対応しています。
他のクラウド会計ソフトとは異なり、銀行データ等の一括自動仕訳に対応しているのは、ジャパンネット銀行のみです。
③サポート等:
電話・メールに対応しています。
④費用:
5ユーザーまで利用できますが、利用料は、年43,200円と少し高めです。
サポート・バージョンアップ付です。
公式サイト(無料体験版)
22 22 22 22
■財務応援R4 Lite (エプソン)
財務応援R4-ソフトイメージ
基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
①機能:
・好みによると思いますが、振替伝票の入力画面が、「コクヨ形式」だったり、「単一振替形式」で1対1の仕訳入力できるのが特徴です。
振替伝票は、「コード」または「名称」で入力の都度検索がかかります。ただし、検索リストの内容を転記するには、マウスで選択する必要があると思います。
③サポート等:
電話・FAXに対応しています。
パソコン操作に不慣れなユーザーの場合は、遠隔サポートを受けられるのが特徴です。オペレーターが必要と判断した場合、ユーザーのパソコン画面を共有して、アドバイスをしてくれます。
④費用:
・5年間利用時の1年あたり税込費用は、サポート無:7,950円、サポート有:25,230円です。
インストール型なので、ソフトの購入価格だけでなく、サポートに加入すると毎年費用がかかります(バージョンアップ費用は無料になります)。
・購入価格: 39,749円(価格コム最安値)
・サポート料金: 年21,600円  ※初年度のサポート料金は無料です。
公式サイト(無料体験版)
23 23 23 23
■奉行J -会計編- (OBC)
OBC奉行J-ソフトイメージ
基本情報:
・Windows対応のインストール型会計ソフト
・TVCM等でも有名なOBCの「勘定奉行」ですが、これは主に中規模法人向けです。小規模法人向けは、2012年1月に発売された「奉行J-会計編-」になります。
①機能:
・振替伝票、帳簿入力、元帳、試算表、推移表、決算書等の基本機能はもちろん揃っています。部門管理にも対応しています。なお、銀行取込等は対応していません。
③サポート等:
電話・WEB・FAXに対応しています。
パソコン操作に不慣れなユーザーの場合は、遠隔サポートを受けられるのが特徴です。オペレーターが必要と判断した場合、オペレーターが、ユーザーのパソコン画面を共有して、アドバイスをしてくれます。
④費用:
他のソフトと比較すると、価格が高いのが欠点です。5年間利用時の1年あたり税込費用は、サポート無:10,778円、サポート有:53,978円です。 インストール型なので、ソフトの購入価格だけでなく、サポートに加入すると毎年費用がかかります(バージョンアップ費用は無料になります)。
・購入価格: 53,890円(価格コム最安値)
・サポート料金: 年43,200円 
※購入方法は、2種類「購入型」と「利用型」あります。上記は「購入型」の場合にかかる費用です。
公式サイト(無料体験版)
ランキングTopへ_




クラウド会計ソフトのバージョンアップは頻繁に行われます。必要に応じて、各ソフトの公式サイトで最新情報をご確認ください。



購入までのステップ&無料体験版ダウンロード[一覧]

「MFクラウド確定申告」利用者の口コミ・評判を調査にもありますように、多くの方が無料体験版を利用したうえで、ソフトを導入しています。
納得した上で購入していることが、導入後の高い満足度につながっています。
購入までのステップを一つご紹介しますので、よろしければご参考ください。

購入までのステップ(ご参考)

気になるソフトについて、入力機能を中心に試してみましょう。
会計ソフトにはどんな機能があって、ご自身にとってどんな機能が必要なのか確認しましょう。
※ソフトを全然選べないという方は、会計ソフトの選び方 & 会計ソフトの種類 ページもご覧になってみてください。とりあえず、どれか一つ使ってみるのもよいです。
※ソフトの違いをもう一度確認したい方は、ランキング をご覧になってみてください。
    
ご自身がよいと思ったソフトは、実際に領収書などを見ながら、入力したり印刷してみましょう。
ご自身の経理知識や取引などの状況に適したソフトか確認しましょう。
    
ソフト選びを失敗したくないという方は、1か月くらい使って納得してから購入するとよいです。
(長く使ってみると、サポートの必要性も分かってきます。分からないことがあったら、問い合わせしてみるのもよいです。通常、無料体験で作成したデータは製品購入後も引き続き利用できます)



インストール型

一般的に、ダウンロード・インストールに少し時間がかかりますので、何かの作業をしているときに実行するとよいと思います。
  個人事業主向け 小規模法人向け 主な特徴など
㈱弥生 人気No1、経理初心者向けの定番ソフト。確実なソフトを選びたい方におすすめ♪
ソリマチ㈱ みんなの青色申告 会計王 経理初心者向けの使いやすい会計ソフト。
ビズソフト㈱ ツカエル青色申告+確定申告 使いやすいソフトをお探しの方にオススメ。
㈱ピクシス わくわく青色申告 わくわく財務会計スタンダード 機能はシンプル、サポートはメール対応でよいから、費用を抑えたい方にオススメ。軽微なバージョンアップ費用も無料♪
㈱ミロク情報サービス ミロクのかんたん!青色申告 ミロクのかんたん!法人会計 機能はシンプル、サポートはメール対応でよいから、費用を抑えたい方にオススメ。
エプソン 財務応援R4 Lite 財務応援R4 Lite  
OBC   奉行J -会計編-  

  
(例)「やよいの青色申告」「弥生会計スタンダード」のダウンロード・インストールの流れ
こちらのページをご覧ください→ 弥生製品の使い方
弥生製品は、サンプルデータを開くのに一手間かかりますが、この手順もご紹介します。

クラウド型

一般的に、登録が簡単で、すぐに始められます。
   個人事業主向け 小規模法人向け 主な特徴など
㈱マネーフォワード 銀行・クレジットカード・その他データ取込による一括自動仕訳を使って効率化、Macや3人で使いたい方におすすめ。
他より優れている一括自動仕訳機能、とても使いやすい高速「仕訳帳入力」、サポートの問い合わせ方法が豊富なソフト。
freee㈱ 銀行・クレジットカード・その他データ取込による一括自動仕訳を使って効率化、Macや3人で使いたい方におすすめ。機能が豊富な人気クラウド会計ソフト。
弥生㈱   銀行・クレジットカード・その他データ取込による一括自動仕訳を使って効率化、Macで使いたい方におすすめ。手厚いサポートを受けたい方、最大14か月無料キャンペーンを有効活用したい方におすすめ♪
㈱パイプドビッツ ネットde青色申告 ネットde会計  
OBC 奉行J Personal   ※まだリリースされていません

(例)「MFクラウド確定申告・会計」の会員登録の流れ
登録は、1分かかりません。
から公式サイトの「新規登録(無料)」画面を開き、メールアドレス・パスワードを入力します。
※個人情報「氏名」「住所」「電話番号」などの入力は必要ありません。

「MFクラウド確定申告・会計」の会員登録の流れ



後は、届いたメールのURLをクリックすれば完了です。




参考サイト&ニュース

人気ランキング

価格.com
価格.comのランキングでは、個人事業主向けと小規模法人向けのソフトが混ざっていますので、上位20位くらいの中から選ぶとよいと思います。
Amazonに寄せられた多くの口コミは、皆さんと同じ購入する立場からの情報ですので、とても参考になると思います。

販売シェアランキング
インストール型会計ソフト
 BCN AWARDの販売量シェアランキング(3位まで)
BCN AWARD は、全国パソコン販売店・家電量販店(Amazon・大塚商会等)の販売数量1位のメーカーを表彰する賞です。

クラウド型会計ソフト
 2016年01月 ㈱MM総研
 2015年08月 デジタルインファクト
会計ソフトの注目リリース情報
2015/07/07 小規模法人向けクラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」をリリース (弥生) 2015/02/06 会計ソフトの勢力図じわり変化、家電量販店でクラウドが台頭しはじめる (TechCrunch Japan)

人気の記事

[特集]クラウド会計比較
Macユーザーなどクラウド会計ソフトに絞っている個人事業主の方は、以下の特集ページで、シェアの高い3ソフトを比較していますので、こちらをご覧ください。各ソフトの違いが、より分かりやすいと思います。
なお、法人の方でも、基本的に、機能・簡単操作は変わりませんので参考になると思います。
会計ソフトの選び方 & 会計ソフトの種類 
個人事業主の確定申告手続一覧 (青色申告と白色申告の比較表)

※[自作] はがき・封筒印刷フリーソフト(無料)
自作フリーソフト「二刀流宛名印刷」を公開しています。ビジネスでの請求書の発送など、お役にたちそうでしたらご利用ください。または  Vector からダウンロードできます。画面イメージ→マウスを乗せると拡大