【図解】経理の原則 物事の『本質』を大切にするサイトです
ホーム  Ⅰ個人事業主の確定申告  Ⅱ個人事業主・法人会計  Ⅲ消費税  Ⅳ会計ソフト  Ⅴ事業におすすめサービス・フリーソフト  Ⅵ[自作ソフト]二刀流宛名印刷

【図解】経理の原則
 物事の「本質」を大切にするサイトです

ホーム 




「二刀流宛名印刷」FAQ

各Q&Aをクリックしますと、詳細を確認いただけます。
 機能・操作方法などについて
不具合 不具合・エラーについて

ソフトの導入と起動について
無料で利用できますか?はい。
Windows10に対応していますか?はい。
不具合 ソフトが起動できないのですが。こちらの手順をお試しください。
ソフトの起動が遅いのですが。フリガナ自動取得機能をストップしてみてください。 
ソフトのアンインストールはどのようにすればよいですか?[コントロールパネル]から操作してください。

ファイル・データについて
今持っているエクセルの住所録を利用することはできますか?はい。
データの保存先はどこですか?マイドキュメント(固定)です。
バックアップ手順を教えてください。こちらをご確認ください。
[ドキュメント]の[二刀流宛名印刷]フォルダにあるAccessファイルなどは直接開くことができないのでしょうか?できません。この中にあるファイルは直接操作しないでください。
パソコンを入れ替える場合は、旧パソコンのデータをどのように移行すればよいですか?こちらをご確認ください。

住所録の登録・印刷について
一つの宛先について、住所を2つ登録することはできますか?対応していません。
ビジネス住所録の宛先を連名にすることはできますか?プライベート住所録のみの対応になります。
宛先をまとめて削除できますか?はい。
住所録の一覧を印刷することはできますか?現在、対応していません。
住所録データをエクセルで編集するにはどうすればよいですか?手順・注意事項はこちらをご確認ください。
プライベート住所録で、「◯◯様方+宛先」という入力・印刷はできますか?対応していません。代用方法はこちらをご覧ください。

宛名印刷について
用紙を追加することはできますか?対応していません。
封筒の差出人は、封筒の裏面に印刷できますか?こちらをご確認ください。
プライベート住所録で、差出人を連名にした場合、名前を揃えるにはどうしたらよいでしょうか?こちらをご確認ください。
はがきや封筒の一番上にある赤枠(赤線)を消したいです。こちらをご確認ください。
住所・差出人・スタンプを印刷したくないのですが、どうすればよいですか?
住所・差出人・スタンプが、印刷されなくなってしまったのですが、どうしたら印刷できますか?こちらをご確認ください。
不具合 印刷できない、印刷時に全ての文字が用紙の左上に縮小されてしまうなどの印刷トラブルこちらをご確認ください。


動作環境・ソフトの起動について



二刀流宛名印刷は、無料で利用できますか?

二刀流宛名印刷は、個人様、及び、法人様など、どなたでも無料で利用できます。
商用業務上でも、無料で利用できます(もともとビジネス目的で作成したソフトですので、是非ご利用ください)。
なお、利用人数、および、機能の制限なども、一切ありません。

※ソフトの公開は2013年11月ですが、実際に開発したのは、10~15年ほど前になります。当時、ソフト開発に興味があり、仕事で封筒印刷する機会が多かったので作ったソフトです。
お役に立ちそうでしたら、ご自由にご利用ください。


Windows10に対応していますか?

正常に動作することを確認しております。


不具合 ソフトが起動できないのですが。

ご利用の環境によって、二刀流宛名印刷が起動できないことがあります。
エラー内容に応じて、以下の手順をお試しください。

以下のようなエラーが表示される場合
・実行時エラー'3170' 組み込み可能なISAMドライバが見つかりませんでした
・実行時エラー'525' データアクセスエラー
・次のクラスは登録されていません。次のCLSIDのオブジェクトを参照してください。{****-****-****-****}
・VB6JP.DLLが無いか、このDLLのバージョンが古い可能性があります

この場合は、ご利用のパソコンにあるVB6JP.dllというファイルのバージョンが古い可能性が高いです。
お手数をおかけしますが、以下のプログラムをインストールした後、もう一度ソフトを起動してみてください。
VB6JPの更新プログラム


「インデックスが有効範囲にありません」、または、「プロパティの値が不正です」とエラーが表示される場合
この場合、ご利用中のプリンタ情報を取得する際に問題が起きている可能性があります。
お手数をおかけしますが、以下のプログラムをインストールした後、もう一度ソフトを起動してみてください。
インデックスエラー修正プログラム
※旧バージョンのアンインストールは必要はありません。また、すでに作成した住所録なども全て引き継がれます。
※ダウンロードの際、お使いのセキュリティーソフトより、利用頻度が少ないとの警告が出ることがありますが、安心してダウンロードください。

もしも上記で解決しない場合は、何度かメールのやり取りさせていただき、原因と解決方法を探していく必要があります。お手数ですが、こちらへお問い合わせいただければ幸いです。


以下のようなエラーが表示される場合
「*** \二刀流宛名印刷」にアプリケーションフォルダを作成できません。ソフトを正常に起動できません。
 ※上記の「 *** 」 には、ご利用パソコンのマイドキュメントのパスが入ります。

[原因]ソフトの初回起動時に、マイドキュメントにデータフォルダを作成する設計になっています。マイドキュメントでこのフォルダを作成できない場合、このエラーメッセージが表示されます。
[ご対応]マイドキュメントで、フォルダやファイルが新規作成できるかご確認ください。
新規作成できない場合は、お手数ですが、Googleで「ドキュメント ファイル 作成できない」などのキーワードを検索し、ファイル操作できるようにしてください。



急いで住所録データを取り出したい場合
もしも当ソフトが急に起動できなくなり、急いでデータを取り出したい場合、別パソコンをご準備できるようでしたら、以下の手順で住所録データ(CSV形式)を取り出すことが可能です。
1.パソコンを入れ替える場合は、旧パソコンのデータをどのように移行すればよいですか? の手順で ドキュメントにある「二刀流宛名印刷」フォルダを丸ごと新パソコンへコピーします。
2.新パソコンで当ソフトを起動し、画面左上「ファイル」メニューから、住所録ファイルを開きます。
そして、「ファイル」メニュー→「CSVエクスポート」を実行します。



ソフトの起動が遅いのですが。

フリガナ自動取得機能をストップすると、早くなることがあります。
[設定] - [オプション] メニューよりオプション画面を開き、[フリガナの取得] のチェックを外してお試しください。


ソフトのアンインストールはどのようにすればよいですか?

Windows7の場合、[スタート]ボタン(通常、画面左下)より、[コントロールパネル]の「プログラムと機能」より行ってください。
その他の場合は、 [フリーソフト100]ソフトを削除(アンインストール)する方法 をご覧ください。


ファイル・データについて


今持っているエクセルの住所録を利用することはできますか?

エクセルで作った住所録は、CSVファイルに変換した後、本ソフトにインポートすれば利用できます。
プレビューを表示しながら、ドラッグ&ドロップで簡単・確実にインポートできます。

※CSVファイルへの変換方法がお分かりにならない方は、Googleで「エクセルをCSVに変換」などのキーワードを検索してみてください。


データの保存先はどこですか?

全てのデータ(住所録・宛名レイアウト・設定・定期バックアップなど)は、[ドキュメント](※)の[二刀流宛名印刷]フォルダの中にあります。

※[ドキュメント]の開き方は、以下の通りです。
・Windows7の場合、[Windows]ボタン→「ドキュメント」の順でクリックします。
・Windows8の場合、画面左で右クリックし、[エクスプローラー]→[ドキュメント]の順でクリックします。


バックアップ手順を教えてください。

大切なデータを守るため、定期的に、以下2つの対応が必要です。

ファイルの破損・誤操作に対する備え
■バックアップ方法
何らかの原因(突然の停電など)によるファイルの破損や誤操作に備えて、当ソフトでは、上書き保存時に、現在開いている住所録と宛名レイアウトを【自動バックアップ】する設計になっています。
※ファイル名 : 「 バックアップ日時 _ 前回保存時の自動BackUp _ 住所録ファイル名 」

上記他、重要な変更を行った時など、【手動バックアップ】もすることをお勧めします。当ソフト起動後、[ファイル]メニュー→[手動バックアップ](下図参照)から簡単にバックアップできます。
※ファイル名 : 「 バックアップ日時 _ 手動BackUp _ 住所録ファイル名 」

■バックアップの復元方法
上記の【自動バックアップ】ファイル、また、【手動バックアップ】ファイルは、当ソフト起動後、[ファイル]メニュー - [バックアップの復元](下図参照) から復元できます。

 

パソコンの故障に対する備え
パソコンの故障に備えて、定期的に、エクスプローラーなどを開いて、[ドキュメント]の[二刀流宛名印刷]フォルダをまるごと、別のメディア(USB等)へバックアップしてください。

そうは言っても、バックアップは、面倒で忘れてしまうという方も多いと思います。その場合は、バックアップソフトでスケジュールを組んでおくことをお勧めします。
(ご参考)仕事に役立つフリーソフト(無料)のご紹介


[ドキュメント]の[二刀流宛名印刷]フォルダにあるAccessファイルなどは直接開くことができないのでしょうか?

恐れ入りますが、この中にあるAccessファイルなどは直接開くことはできません(誤ってユーザー様が編集することがないようパスワードをかけております)。
この中にあるファイルは、直接操作しないでください。万が一、ファイル名の変更や削除などをすると、当ソフトが起動しなくなることがあります。

当ソフトを起動した後、[ファイル]メニューから、各住所録ファイルを開いたり、バックアップファイルを復元するなどの操作をお願いいたします。



パソコンを入れ替える場合は、旧パソコンのデータをどのように移行すればよいですか?

全データは、[ドキュメント]の[二刀流宛名印刷]フォルダの中にあります。このフォルダを、古いパソコンから、新しいパソコンにコピーすれば完了です。

手順の詳細は、次の通りです。
  手順
古いパソコンでの作業

【Step1】
ソフトが起動していない状態で、[ドキュメント](※)にある[二刀流宛名印刷]フォルダを別のメディア(USB等)にコピーします。
念のため、古いパソコンの[二刀流宛名印刷]フォルダは削除せずに残しておいてください(そうすれば、何度でもやり直すことができます。)

※[ドキュメント]の開き方は、以下の通りです。
 ・Windows7の場合、[Windows]ボタン→「ドキュメント」の順でクリックします。
 ・Windows8の場合、画面左で右クリックし、[エクスプローラー]→[ドキュメント]の順でクリックします。


新しいパソコンでの作業 【Step2】
新しいパソコンの[ドキュメント]に、[二刀流宛名印刷]フォルダがないことをご確認ください。
もしもある場合は、[二刀流宛名印刷]フォルダを削除してください
(ここで[二刀流宛名印刷]フォルダを削除せず、≪Step3≫で全ファイルを上書きしていただいても問題ありません)


【Step3】
ソフトが起動していない状態で、別のメディア(USB等)にある[二刀流宛名印刷]フォルダを 新しいパソコンの[ドキュメント]へコピーします。

【Step4】
二刀流宛名印刷の最新バージョンをダウンロード、および、インストールしてしてください。
正常にソフトが起動すれば完了です。


※上記以外の方法
古いパソコンで、ソフトのメニューからCSVエクスポートして、新しいパソコンでCSVインポートする方法もあります。
ただし、この方法だと、宛名レイアウトの設定、グループマスタ・スタンプマスタ・法人格マスタ・定期バックアップファイルはデータ移行されませんのでご了承ください。


住所録の登録・印刷について



一つの宛先について、住所を2つ登録することはできますか?

一つの宛先について、登録できる住所は一つのみです。

※代替案について
住所を2つ登録したい場合は、2つの宛先を登録することになります。
例えば、「二刀流 太郎」という宛先に対して、「東京都港区海岸*-**-*」と「石川県金沢市新保本*-*-*」を登録したい場合は、以下2つの宛先を登録します。
 ・宛先:「二刀流 太郎」  住所:「東京都港区海岸*-**-*」
 ・宛先:「二刀流 太郎」  住所:「石川県金沢市新保本*-*-*」

または、以下のように2つ目の住所を「メモ1」「メモ2」に入力します。
 ・宛先:「二刀流 太郎」  住所:「東京都港区海岸*-**-*」  メモ1:「石川県金沢市新保本*-*-*」


ビジネス住所録の宛先を連名にすることはできますか?

ビジネスでの連名は対応していません(最後まで対応するか悩んだのですが、これに対応するとどうしてもシンプルで分かりやすい設計ができなかったため対応しないこととさせていただきました。ご了承ください)。

※プライベート住所録では、宛先と差出人の両方とも連名にできます(最大5名まで)。プライベート住所録は、「ファイル」メニュー→「【プライベート住所録】ファイル」により、作成できます。


宛先をまとめて削除できますか?

エクセルと同じような操作で、一括削除できます。
例えば、4つの宛先をまとめて削除する場合は、以下の手順です。



住所録の一覧を印刷することはできますか?

今後対応する可能性がありますが、現在は対応していません。

※どうしても印刷が必要な場合は、「ファイル」メニュー「CSVエクスポート」により、CSVファイルをエクスポートして印刷していただくとよいかと思います。


住所録データをエクセルで編集するにはどうすればよいですか?

「ファイル」メニュー「CSVエクスポート」により、CSVファイルをエクスポートすれば、エクセルで編集できます。

[CSVファイルをエクセルで開く注意点]
一般的に、CSVファイルをエクセルで開くと、エクセルの仕様により文字が自動変換されてしまうことがあります。
たとえば、郵便番号「0001001」は「1001」となります。また、住所「1-2-3」は日付に変換されます(「千代田区千代田1-2-3」というデータは問題ありません)。
これを回避するためには、エクセルのメニューバー「データ」-「外部データの取り込み」-「データの取り込み」からエクスポートしたCSVファイルを開き、郵便番号・住所などは「文字列」を指定していただくなどの対応が必要です。

※詳細を知りたい方は、Googleで「エクセルでCSVを開く」などのキーワードを検索してみてください。



プライベート住所録で、「◯◯様方+宛先」という入力・印刷はできますか?

現在対応していません。

例えば、「吉田様方 石村 太郎様」へ送付する場合、
以下のような入力をしますと、画面左のような印刷イメージになります。問題ないようでしたら、こちらでご利用ください。
※この場合、「吉田様方」は小さくなりません。また、連名にも対応できませんので、ご了承ください。



宛名印刷について



用紙を追加することはできますか?

対応用紙は、はがき(年賀状)、封筒長形3・4、角形2~8、洋形2・3 です。
往復はがきは対応していません。また、上記以外の用紙を追加することはできません。


封筒の差出人は、封筒の裏面に印刷できますか?

お手数をおかけしますが、以下の手順でしたら、封筒裏面に差出人を印刷できます。

Step1
こちらの「インデックスエラー修正プログラム」をダウンロード・インストールします。


Step2
「個別宛名印刷」画面から、差出人だけを表示して印刷する流れになります。

次の通り、上から順番(①~⑤)に操作します。


(参考)【郵便局】封筒の裏面の書き方 

次回、宛先を印刷するときは、以下の処理をします。
・差出人やコメントのチェックを外して、非表示にします。
・「部数」(上記画像の水色の箇所) を設定して、複数枚を差出人印刷した場合は、その「部数」が保存されていますので、必要に応じて変更します。
あとは、通常通り、宛先を印刷できます。





プライベート住所録で、差出人を連名にした場合、名前を揃えるにはどうしたらよいでしょうか?

差出人マスタの[氏名]欄で、[姓]と[名]の間に、空白(スペース)を入れてください。

  




はがきや封筒の一番上にある赤枠(赤線)を消したいのですが。。。



 
住所や差出人やスタンプは、各項目の左側のチェックボックスで、印刷するか切替できます。
手順は、以下の通りです。




住所・差出人・スタンプを印刷したくないのですが、どうすればよいですか?
住所・差出人・スタンプが、印刷されなくなってしまったのですが、どうしたら印刷できますか?

住所と差出人とスタンプは、各項目の左側のチェックボックスで、印刷するか切替できます。
手順は、以下の通りです。

 



不具合
●印刷できない ●宛名印刷時に全ての文字が用紙の左上に縮小されてしまうなどのトラブル

一部の環境で、印刷ができなかったり、印刷時に以下のように文字が左上に縮小されてしまうことを報告いただいています(いずれの場合も、「個別宛名印刷」メニューなどに表示される宛名印刷プレビューは正常に表示されます)。


数名の方と何度もやり取りして、試行錯誤いたしましたが、根本的な解決はできておりません。
お手数ですが、以下のようなご対応をお試し下さい。

<対応策1>「用紙種類」を「普通紙」で印刷してみてください。
プリンタの印刷プロパティの「用紙種類」を「普通紙」で印刷すると、解決することがあります。
お手数ですが、失敗してもよい用紙を準備いただき、一度、お試しください。

※ユーザー様より、EPSONのEP-807ABの利用の場合、プリンタの印刷プロパティの「用紙種類」が「郵便はがき(インクジェット)」の際に、全ての文字が用紙の左上に縮小されてしまう不具合が発生するとの情報提供をいただきました。
「用紙種類」を「普通紙」で印刷すると、プリンタ側で設定しているものと異なる旨のwarningがでますが、「この用紙に 印刷する」を押して印刷を続行すると正常に印刷できたとのことでした。
お忙しい中、有用な情報をご提供いただき大変感謝申し上げます。


上記で解決できない場合は、もしも、年賀状印刷などで「まとめて宛名印刷(連続印刷)」を中心にお使いになるなど、許容できそうな方は、以下の方法でご利用ください。
大変ご不便をおかけいたします。

<対応策2>仮想プリンターを経由して印刷する方法
①二刀流宛名印刷から、仮想プリンターを使い印刷して、ファイルを保存します。
(仮想プリンターの例)
・Windowsに標準装備されている「Microsoft XPS Document Writer」
・Windows10標準装備されている「Microsoft Print to PDF」
・「Adobe PDF」
・その他フリーソフト(Vector)など


②上記ファイルを直接開いて、お使いのプリンタで用紙に印刷します。


<対応策3>印刷は、別の宛名ソフトを使う方法
①二刀流宛名印刷の画面左上メニュー「ファイル」⇒「CSVエクスポート」より宛先データをエクスポートします。
②別の宛名印刷フリーソフトなどで、上記CSVファイルをインポートして用紙に印刷します。


上記でのご対応が難しい場合
上記でのご対応が難しい場合は、通常、4~6回以上メールでのやり取りを行い原因を突き止めていく必要があります。
まずは、お手数ですが、こちらのメールアドレスに詳細をメールいただければと思います。
印刷関係のトラブルは解決できないケースが多いこと、また、解決まで約2~3週間かかる点をあらかじめご了承いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。


 
Ⅵフリーソフト[二刀流宛名印刷]
全ページ一覧
[二刀流宛名印刷]ご紹介トップ
使い方-ビジネス封筒印刷
使い方-プライベート年賀状
FAQ 
ダウンロード & 変更履歴
掲載雑誌・サイト等

Ⅴ個人事業主・法人におすすめのフリーソフト・サービス
全ページ一覧

個人事業主・法人におすすめフリーソフト(無料)
 Strokesplusの使い方~高機能なマウスジェスチャー~

スマホ決済&POSレジ比較


Ⅰ個人事業主の確定申告

Ⅱ個人事業主・法人の会計

Ⅲ【図解】消費税法

Ⅳ会計ソフト比較解説