【図解】経理の原則 物事の『本質』を大切にするサイトです
ホーム  Ⅰ個人事業主の確定申告  Ⅱ個人事業主・法人会計  Ⅲ消費税  Ⅳ会計ソフト  Ⅴ事業におすすめサービス・フリーソフト  Ⅵ二刀流宛名印刷(公式サイト)


このページの最終更新日:2022/11/20  各商品の記載内容:2022/11現在

POSレジ【NEXPO】-導入実績・機能・サポート・価格

NEXPOの対象業種・導入実績・レビュー・全プランの機能・料金の詳細をご紹介します。

なお、【27プラン比較表】POSレジおすすめ一覧(飲食店・小売店・美容室向け) ページでは、全業種・全規模の方向けに、タブレットPOSレジシステムの全プラン比較しています。導入実績や価格順で並び替え、機能を検索して、商品別・プラン別に詳細比較したい方は、こちらをご覧ください。



公式という文字をクリックすると、公式サイトへの関連ページをダイレクトに開き、気になる詳細や最新情報を確認できます。




 

基本情報 - 会社情報、対象店舗・規模、導入実績、レビュー等 -


基本情報の選び方ポイント  

まずは、ご自身の業種と規模を検索して、対象POSレジ(システム)を絞り込むと、スムーズです。
ある程度の会社規模、導入実績(販売シェア)、サービス提供期間がある商品を選択すると安心かと思います。

※まれな例ですが、POSレジアプリ「レジパッド」のように、サービス提供が終了することがあります。


基本情報のまとめ  


特に小売業向けのアプリです。月額3234円で在庫管理・顧客管理・売上管理が利用できます。

会社情報・導入実績等  


選び方・項目説明1プラン内容
会社情報(与信等)会社名㈱ユーエスエス
公式
資本金ご参考として、資本金が1億円を超える会社は、ピンクにしています。5,000万円
設立年月1975/04/01
備考
導入実績・評価導入店舗数
まずは、導入実績(販売シェア)のある商品から検討すると良いと思います。
当サイトでは、公式サイトに導入店舗数が明記されていない場合は、実績が少ない可能性が高い(強みとしていない)と考えて、グレイ表示しています。
公式サイト記載なし
サービス開始時期(サービス提供期間)クラウドPOSレジは、2010年頃にサービス提供開始の商品が多くなっています。
サービス提供期間が長ければ、安心いただけるかと思います。
2012年
公式
導入企業例
導入事例
ご自身の業種・規模の導入事例をご覧いただくと、ご利用イメージがわきやすいかと思います。
合わせて、App Store口コミもご参考ください。
公式サイト導入事例
メディア掲載・商工会議所紹介・受賞履歴等新聞・報道番組・商工会議所を中心にご紹介します。
これらで紹介されていると、会社や商品に問題はないと、多少、安心材料にはなるかと思います。
App Store評価
2022年7月時点のレビュー評価です。
口コミは、具体的なコメントを参考いただくとよいかと思います。
※並び替え時、口コミ評価数が少ない商品(20件未満)は、参考値として、最後に表示されます。
(参考)3.0点/5点
(評価数2件)
App Store
備考
導入スケジュール導入日数(目安)・導入の流れ導入日数は、公式サイトに記載のある目安です。
クラウドPOSレジは、通常、アカウントを作成すれば、すぐにアプリを利用できます。
必要な機器の納品までに時間を要します。
約1~2週間
アカウント作成→機器の納入 公式
無料体験興味がある場合は、無料体験や無料プランを利用してみると、間違いないと思います。
登録してから30日間まで、全機能利用可
公式
備考安心して無料プランを利用できるように、無料プランを利用した場合に、解約時の違約金がないことが確認できた商品は、その旨記載しています。




プランの対象店舗・利用環境  


選び方・項目説明1プラン内容内容
対象店舗対象業種







様々な業種に対応している商品が多いです。このページでは、業種を以下の通り区分しています。
飲食店(居酒屋・カフェ)
小売店(アパレル・雑貨)
サービス業等(美容室・サロン、整体、クリニック)
飲食店
小売店
サービス業
※機能やアプリの利用割合を見ますと、主に小売店向けのアプリです。
公式
対象規模




クラウドPOSレジは、様々な規模(小規模店舗(個人事業主含む)、複数店舗、多店舗)に対応している商品が多いです。
複数店舗の管理機能があるか、公式サイトの説明、導入事例で紹介されている会社規模より目安を記載しています。
小規模店舗
複数店舗
多店舗
公式
利用環境レジ端末の対応OS(機種)







クラウドPOSレジは、通常、iOS(iPad等)対応のみです。
商品によっては、Android、Windows、Macにも対応しています。
iOS(iPad) 公式



詳 細 公式サイト

< 全13商品(27プラン)の比較表ページを【導入実績が多い順】で表示する
< 全13商品(27プラン)の比較表ページを【レビュー評価が高い順】で表示する


機能 


機能の選び方ポイント  

以下のような点を確認いただくとスムーズだと思います。
ご自身の規模によって複数店舗管理が必要か
ご自身の業種に応じた必要な機能に対応しているか →主に特定の業種向けの機能は、比較表の【…向け】をご覧ください。
すでに会計ソフトやクレジットカード決済システムなどを導入している場合は、それらに対応するPOSレジか(利用中のクレジットカード決済サービスの決済料率が上がった時に会社変更できるように、できれば、多くの決済対応会社に対応しているほうが良いと思います。)
また、プラン・オプション・外部連携が充実している拡張性の高いアプリを選択すると、導入後の環境変化にも柔軟に対応できるかと思います。


機能が充実したPOSレジが多いような印象があります。ご判断で迷うようでしたら、以下のような他のポイントをより具体的にご検討いただくとよいかと思います。
無料体験を利用して、分かりやすく、簡単で、使い勝手がよいか(ある程度、導入する商品が決まったら、無料体験等を利用すると間違いないと思います。)
有料オプション、IT導入補助金などを含めたコストパフォーマンス


機能のまとめ  


小売店向けの機能が充実しています。
在庫管理・顧客管理・売上管理ができます。在庫管理機能は、棚卸・入庫・出庫・店舗間移動などに対応しています。
会計ソフトとの連携に対応していません。対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ないです。
また、外部連携サービスに対応も少ないので、拡張性は低いです。
公式サイトの機能一覧では、各機能に活用事例リンクがつけられており、簡単に機能詳細を確認できます。
公式サイト機能比較表

機能の詳細  


公式という文字をクリックすると、公式サイトへの関連ページをダイレクトに開き、気になる詳細や最新情報を確認できます。
選び方・項目説明1プラン内容1プラン内容
レジ業務基本のレジ機能商品選択、値引き、キャッシュドロア開閉、レシート発行などのレジ機能です。 公式
点検・精算当日の売上確認(点検)と、閉店業務(精算)などの機能です。 公式
軽減税率対応 公式
免税店対応
【小売店向け】
お客様のパスポートを読み取ったり、国税庁への報告する機能です。-
複数商品のセット販売
(バンドル販売)
【飲食店向け】
【小売店向け】
あらかじめ複数の商品をまとめたセットを登録し、会計時の入力をスムーズにすることができます。
飲食店の場合、例えば、「ハンバーガー+ポテト+ドリンク」をセットで値引きを適用します。
小売店の場合、例えば、靴下3足で値引きを適用します。
対応していない場合は、商品Aと商品Bをセットで一つの商品として登録するなどの対応が必要になります。
公式サイトよりご確認下さい
商品の詳細情報登録
(オプション登録)
【飲食店向け】
【小売店向け】
サイズやカラーバリエーションなど、商品の細かいサブ情報を登録します。
飲食店の場合、トッピング、焼き方、大盛りを選択など
小売店の場合、カラー、サイズ、裾上げ、包装などを登録
公式
同じテーブルでの個別会計
【飲食店向け】
-
クレジットカード・電子マネー決済・QR決済













通常、連携対応したキャッシュレス決済サービスでお会計をすると、POSレジへ売上データが反映されます。POSレジへ二度入力の手間がなく、会計間違いなどのミスを防ぐことができます。
通常、キャッシュレス決済は、料率3%程度です。合わせて、こちらも検討したい方は、以下ページをご覧ください。
【図解】クレジットカード決済端末の店舗導入比較!決済手数料・電子マネー等
無料のPOSレジは、対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ない傾向があります。利用中のクレジットカード決済サービスの決済料率が上がった時に会社変更できるように、できれば、多くの決済対応会社に対応しているほうが良いと思います。
STORES決済(クレジット連携のみ利用可。電子マネー決済は利用不可。)
別途の契約が必要(導入費用:0万円、月額利用料:1650円)
公式 公式 公式
セルフレジ
【飲食店向け】
【小売店向け】
-
オフライン利用通信回線が不安定になった時、インターネットに接続していなくても、アプリを利用できるかレジ業務一部機能の利用可 公式
注文機能オーダーエントリー(ハンディ)
【飲食店向け】
iPhone等をハンディ端末として注文を受けることができます。-
セルフオーダー
【飲食店向け】
テーブルに端末した端末、または、お客様のスマートフォンから、お客さま自身が注文する機能です。-
商品商品登録・管理 公式
在庫管理
【特に小売店向け】
対応している機能を列挙しています。入出庫
在庫一覧
棚卸
在庫変動履歴
※別途の契約が必要(導入費用:0万円、月額利用料:1078円)
公式
顧客・予約顧客管理
(顧客登録、顧客検索、顧客購入履歴の閲覧、顧客メモ等)
公式
予約管理
(Web予約、予約台帳作成等)
予約情報をもとに、POSアプリで会計、売上管理、決済機能まで一連の店舗業務を行うことができます。-
売上集計・分析期間別、商品別、店舗別、担当者別
別途の契約が必要(導入費用:0万円、月額利用料:1078円) 公式
外部システム連携会計ソフト連携




POSレジとクラウド会計ソフトと連携できます。
会計ソフトも検討したい方は、以下ページをご覧ください。
【図解】会計ソフト比較解説!無料&有料おすすめランキング(個人・法人)
主要なクラウド会計ソフト「公式サイト」のPOSレジ連携一覧は、以下をご覧ください。
freee マネーフォワード クラウド会計 弥生
-
その他連携
-
API連携外部システムと連携するためのプログラミングインターフェースです。
外部システム側で、POSレジの機能やデータを呼び出して使用することができます。
例えば、外部システム側で、POSレジの売上データや顧客データを取得でき、自由なカスタマイズが可能になります。
公式
-
担当者の管理担当者登録 公式
トレーニングモード新人スタッフの操作練習モードです。
※この機能がない場合は、教育担当者と一緒に操作したり、商品をテストで決済して、後で払い戻し等を行うなどの対応が必要になります。
-
勤怠管理-
担当者の権限設定売上の閲覧、レジ点検・精算など、スタッフが使える機能を制限します。公式サイトよりご確認下さい
複数店舗管理各店舗の売上確認・売上合計、顧客情報、メニュー情報を共有できます。別途の契約が必要(導入費用:0万円、月額利用料:1店舗あたり550円)
公式
周辺機器等の接続POSレジ端末(iPad等)
レシートプリンター
キャッシュドロア 公式
自動釣銭機釣銭が自動的に排出され、釣銭間違いを防止できます。
これにより、業務終了後のレジ締めの精度が上がります。

-
バーコードリーダー 公式
その他カスタマイズ可能 公式



詳 細 公式サイト

< 全13商品(27プラン)の比較表ページを【機能が多い順】で表示する


サポート 


サポートの選び方ポイント  

ポイントは、電話サポートがあるか、また、長時間対応しているかになります。
規模が大きい(資本金・従業員数等)会社のPOSレジは、電話サポートが充実している傾向があります。
電話サポートに対応している無料の商品もあります。
※サポート充実順で並び替えると、電話サポートの対応時間が大きい順になりびます。

サポートのまとめ  



サポートの詳細  


選び方・項目説明1プラン内容1プラン内容
電話

どの会社もWEBヘルプが充実している傾向がありますが、やはり電話サポートは助かります。
また、緊急時は、電話対応があると安心です。
平日:9:00~18:00
公式
チャット
メールWEBフォーム・メール等の問い合わせ対応状況です。
WRBヘルプWeb上に公開されているヘルプの有無を記載しています。
Web上で、主に、カテゴリ検索や、キーワード検索を利用できます。
導入サポート
(通常有料)
例えば、以下のようなサポートを受けることができます。
機器の設置
アプリのセットアップ・初期設定
商品の登録・データ移行
操作指導など
レジ操作の研修・教育:55000円~
周辺機器設置代行:55000円~
公式
その他



詳 細 公式サイト

< 全13商品(27プラン)の比較表ページを【サポート充実順】で表示する


価格 


価格の選び方ポイント  

POSレジの導入には、月額基本利用料(手数料)、月額オプション利用料、外部システムの利用料、機器などの導入費用がかかります。
一方、有料のPOSレジでも、「IT導入補助金」に対応していれば、経費の50%~75%の補助を受け、導入コストを大幅に削減することができます。補助金が利用できるかも確認して、検討することをおすすめします。


無料のPOSレジは、将来、有料化やサービス終了の可能性があるかと思います。念のため、別のアプリへの移行に備えて、商品や売上データをCSV出力できるか確認しておくと、安心です。また、対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ない傾向がありますので、問題がないか確認することをお勧めします。

価格の詳細  


選び方・項目説明1プラン内容1プラン内容
月額基本利用料(税込)





POSレジの導入には、月額基本利用料(手数料)、月額オプション利用料、外部システムの利用料、機器などの導入費用がかかります。
一方、有料のPOSレジでも、「IT導入補助金」に対応していれば、経費の50%~75%の補助を受け、導入コストを大幅に削減することができます。補助金が利用できるかも確認して、検討することをおすすめします。


無料のPOSレジは、将来、有料化やサービス終了の可能性があるかと思います。念のため、別のアプリへの移行に備えて、商品や売上データをCSV出力できるか確認しておくと、安心です。また、対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ない傾向がありますので、問題がないか確認することをお勧めします。

※安い順で並び替えると、月額基本利用料が安い順に並びます。

1,078円(税込)公式サイトの以下より、費用をシュミレーション可能です。とても簡単に分かりやすく、費用を確認できます。
公式サイト
月額オプション利用料
外部システムの利用料
オプションや外部システムを利用するかによって、費用は異なります。
オーダーエントリー、在庫管理、予約管理、複数店舗管理、勤怠管理、会計ソフト等は、別途料金がかかる傾向があります。
利用時は必要オプションの追加料金は、機能の各項目に記載の通り。
外部連携する場合の料金は、その公式サイトをご確認ください。
導入費用通常、クラウドPOSレジアプリにかかわる導入費用は、かかりません。
主に、次の機器の購入費用が掛かります。
iPad等
レシートプリンタ
キャッシュドロア
バーコードリーダー
ハンディ等
必要POSレジアプリの導入費用はなし。
プリンタ等の購入に、一般的に10万円~かかる。
IT導入補助金等
IT導入補助金は、主に中小事業者(業種によって資本金と従業員数の要件あり)が、POSシステムなどの「ITツール」で最大75%、タブレット・プリンタなどの「ハードウェア」で最大50%の費用が補助される制度です。
補助金申請には、最低でも3か月かかりますので、お早めに導入会社へご相談ください。
キャンペーン



詳 細 公式サイト

< 全13商品(27プラン)の比較表ページを【価格が安い順】で表示する

関連ページ 全商品比較

POSレジの全商品・全プランを比較したい方は、 以下の「【全27プラン比較・検索】POSレジの導入比較」ページをご確認ください。
このページでは、全てのプラン詳細を導入実績や価格順で並び替え、対応OS、機能、電話サポート対応等を検索して比較できます。
< 導入実績が多い順で表示する
< レビュー評価が高い順で表示する
< 機能多い順で表示する
< サポート充実順で表示する
< 価格が安い順で表示する

下表は、このページの一部表示です。
以下は、右へスクロールできます 
スマレジ
詳 細 公式サイト
ユビレジ
詳 細 公式サイト
Airレジ
詳 細 公式サイト
STORESレジ
詳 細 公式サイト
poscube
詳 細 公式サイト
ORANGE POS
詳 細 公式サイト
特徴まとめ
公式サイト
総合評価・特徴

メリットデメリット特徴
導入店舗数は11万以上で、とらや、ELECOM、LeTAO、PARCO、東京ドーム等での導入実績があります。プランやオプションが多く、非常に多機能で、連携サービスが非常に多いのが特徴です。多機能なアプリです。導入店舗数64万以上で、他社と比較して、無料プランの中では、機能が充実しています(【全プラン比較・検索】POSレジの導入比較表ページでは、検索条件「無料」をクリックすると、無料プランだけを比較できます))。ヘイ株式会社の「STORES」でネットショップを運営すると、実店舗とネットショップの在庫共有でき、無料のフリープランでも、電話サポート対応しています。飲食店に特化したPOSレジで、飲食店向けの機能が充実しています。1,000店舗規模のチェーンへの導入実績があり、4,000台超からの同時接続も可能です。
①基本情報
基本情報ポイント導入店舗数11万以上の幅広い業種で利用されています。導入実績は、十分です。
とらや、ELECOM、LeTAO、PARCO、東京ドーム等での導入実績があります。
テレビ・新聞等で多数紹介されています。
全5プランあります。無料のスタンダードブランでも、基本的なPOSレジ、売上集計分析機能が利用できます。
全2プランありますが、有料のプレミアムプランを検討するとよいと思います。
無料のお試しブランは、売上データの閲覧時間が72時間、会計ソフトの連携ができないなど機能制限がありますので、継続的に利用するのは難しいかと思います。
㈱リクルートが運営するPOSレジアプリです。㈱リクルートは、様々な業務・経営支援サービスを展開しています。
導入店舗数64万以上の幅広い業種で利用されています。導入実績は、十分です。
App Store口コミ評価が高いです。
2021年6月サービス開始してから、間もないため、導入事例や口コミ件数などが少なくなっています。同社の「STORES(ネットショップ)」を組み合わせることも可
複数店舗に対応していないので、今後、店舗数が増える可能性がある場合は、おすすめしません。
飲食店に特化したPOSレジです。POSレジとオーダーエントリーシステムが一つになったオールインワンタブレットPOSシステムです。 店舗内にサーバーを設置し、店舗内のWiFi環境で動作する仕組みです。
公式
情報が古いですが、2013年、2014年国内シェアNo11,000店舗規模のチェーンへの導入実績があります。4,000台超からの同時接続も可能です。
iOSだけでなく、Windowsにも対応しています。同社のECサイト構築パッケージ 「EC-ORANGE」を組み合わせることも可クラウドサーバでの構築を前提としています(オンプレミスも可)。
公式
②機能
機能ポイント業種や店舗の規模に応じて必要な機能のプランを選択することができます。機能が充実してるのが特徴です。プランによっては、オーダーエントリー、セルフオーダー、自動釣銭機などにも対応しています。
クレジットカード決済、予約管理など、多くの連携サービスに対応しているので拡張性は高いです。

プランは二つだけですが、プレミアムプランでは、業種や店舗の規模に応じて必要な機能のオプションを追加することができます。機能が充実してるのが特徴です。別途料金がかかりますが、オーダーエントリー、セルフオーダーなどにも対応しています。クレジットカード決済、予約管理など、多くの連携サービスに対応しているので拡張性は高いです。
他社と比較して、無料プランの中では、機能が充実しています(【全プラン比較・検索】POSレジの導入比較表ページで、検索条件「無料」をクリックすると、無料プランだけを比較できます)。無料ですが、オフライン利用(一部)、顧客管理、会計ソフト連携、複数店舗管理、自動釣銭機等に対応しています。
別途料金がかかりますが、会計ソフト連携、予約管理、オーダーエントリー、セルフオーダー、自動釣銭機などにも対応しています。
対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ないです。クレジットカード決済、予約管理などの連携ができますが、それ以外の連携は少ないです。 
大きな特徴は、ヘイ株式会社の「STORES」でネットショップを運営すると、実店舗とネットショップの在庫共有できる点です。
対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ないです。2021年6月サービス開始してから、間もないため、他社と比較すると、機能や外部システム連携が少ないです。
飲食店向けの機能は充実しています。
会計ソフトとの連携に対応していません。
同社のECサイト構築パッケージ 「EC-ORANGE」を組み合わせることも可機能は、充実しています。公式サイトでは、機能や外部サービス連携は、一部紹介となっていますので、必要な機能がありましたら、㈱エスキュービズムへ相談していただくとよいです。
業種や店舗の規模に応じて必要な機能のプランを選択することができます。機能が充実してるのが特徴です。プランによっては、オーダーエントリー、セルフオーダー、自動釣銭機などにも対応しています。クレジットカード決済、予約管理など、多くの連携サービスに対応しているので拡張性は高いです。
プランは二つだけですが、プレミアムプランでは、業種や店舗の規模に応じて必要な機能のオプションを追加することができます。機能が充実してるのが特徴です。別途料金がかかりますが、オーダーエントリー、セルフオーダーなどにも対応しています。クレジットカード決済、予約管理など、多くの連携サービスに対応しているので拡張性は高いです。
他社と比較して、無料プランの中では、機能が充実しています(【全プラン比較・検索】POSレジの導入比較表ページで、検索条件「無料」をクリックすると、無料プランだけを比較できます)。無料ですが、オフライン利用(一部)、顧客管理、会計ソフト連携、複数店舗管理、自動釣銭機等に対応しています。
別途料金がかかりますが、会計ソフト連携、予約管理、オーダーエントリー、セルフオーダー、自動釣銭機などにも対応しています。
対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ないです。クレジットカード決済、予約管理などの連携ができますが、それ以外の連携は少ないです。 
大きな特徴は、ヘイ株式会社の「STORES」でネットショップを運営すると、実店舗とネットショップの在庫共有できる点です。対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ないです。2021年6月サービス開始してから、間もないため、他社と比較すると、機能や外部システム連携が少ないです。
飲食店向けの機能は充実しています。会計ソフトとの連携に対応していません。
同社のECサイト構築パッケージ 「EC-ORANGE」を組み合わせることも可機能は、充実しています。公式サイトでは、機能や外部サービス連携は、一部紹介となっていますので、必要な機能がありましたら、㈱エスキュービズムへ相談していただくとよいです。
機能一覧












機能数: 30 個

レジ業務
基本のレジ機能、点検・精算、軽減税率対応、免税店対応、複数商品のセット販売、商品の詳細情報登録、同じテーブルでの個別会計、クレジットカード・電子マネー決済・QR決済、セルフレジ、オフライン利用
注文機能
オーダーエントリー、セルフオーダー
商品
商品登録・管理、在庫管理
顧客・予約
顧客管理、予約管理
売上集計・分析 外部システム連携
会計ソフト連携、その他連携、API連携
担当者の管理
担当者登録、トレーニングモード、勤怠管理、担当者の権限設定
複数店舗管理 周辺機器等の接続
POSレジ端末、レシートプリンター、キャッシュドロア、自動釣銭機、バーコードリーダー
機能数: 26 個

レジ業務
基本のレジ機能、点検・精算、軽減税率対応、複数商品のセット販売、商品の詳細情報登録、同じテーブルでの個別会計、クレジットカード・電子マネー決済・QR決済、オフライン利用
注文機能
オーダーエントリー、セルフオーダー
商品
商品登録・管理、在庫管理
顧客・予約
顧客管理、予約管理
売上集計・分析 外部システム連携
会計ソフト連携、その他連携、API連携
担当者の管理
担当者登録、勤怠管理、担当者の権限設定
複数店舗管理 周辺機器等の接続
POSレジ端末、レシートプリンター、キャッシュドロア、バーコードリーダー
機能数: 25 個

レジ業務
基本のレジ機能、点検・精算、軽減税率対応、商品の詳細情報登録、同じテーブルでの個別会計、クレジットカード・電子マネー決済・QR決済、オフライン利用
注文機能
オーダーエントリー、セルフオーダー
商品
商品登録・管理、在庫管理
顧客・予約
顧客管理、予約管理
売上集計・分析 外部システム連携
会計ソフト連携、その他連携
担当者の管理
担当者登録、トレーニングモード、担当者の権限設定
複数店舗管理 周辺機器等の接続
POSレジ端末、レシートプリンター、キャッシュドロア、自動釣銭機、バーコードリーダー
機能数: 13 個

レジ業務
基本のレジ機能、点検・精算、軽減税率対応、商品の詳細情報登録、クレジットカード・電子マネー決済・QR決済
商品
商品登録・管理、在庫管理
売上集計・分析 外部システム連携
その他連携
周辺機器等の接続
POSレジ端末、レシートプリンター、キャッシュドロア、バーコードリーダー
機能数: 25 個

レジ業務
基本のレジ機能、点検・精算、軽減税率対応、商品の詳細情報登録、同じテーブルでの個別会計、クレジットカード・電子マネー決済・QR決済
注文機能
オーダーエントリー、セルフオーダー
商品
商品登録・管理、在庫管理
顧客・予約
顧客管理、予約管理
売上集計・分析 外部システム連携
その他連携、API連携
担当者の管理
担当者登録、トレーニングモード、勤怠管理、担当者の権限設定
複数店舗管理 周辺機器等の接続
POSレジ端末、レシートプリンター、キャッシュドロア、自動釣銭機、バーコードリーダー
機能数: 29 個

レジ業務
基本のレジ機能、点検・精算、軽減税率対応、免税店対応、複数商品のセット販売、クレジットカード・電子マネー決済・QR決済、セルフレジ、オフライン利用
注文機能
オーダーエントリー、セルフオーダー
商品
商品登録・管理、商品のCSVファイルインポート、在庫管理
顧客・予約
顧客管理、予約管理
売上集計・分析 外部システム連携
会計ソフト連携、その他連携、API連携
担当者の管理
担当者登録、トレーニングモード、勤怠管理、担当者の権限設定
複数店舗管理 周辺機器等の接続
POSレジ端末、レシートプリンター、キャッシュドロア、自動釣銭機、バーコードリーダー
③サポート
サポート一覧

電話(365日9:00~22:00) →プレミアムプラス(月額7700円(税込))以上のプランで対応
メール、Webヘルプ→無料
公式
電話(平日 10:00~18:00)※→要プレミアムプラン加入
電話は、追加料金支払いで、365日10:00~22:00 可
メール→無料

公式
チャット、メール、Webヘルプ
公式
電話(平日 10:00~18:00)→無料
メール→無料
要問合せ電話
メール
④価格(税込)
月額基本利用料(税込)





無料~月13,200円(税込)
公式
無料~月7,590円(税込)
公式


無料
公式
無料~月2,178円(税込)
公式
有料(税込)
要問合せ
有料(税込)
要問合せ
導入台数が増えても費用が変わらないため、利用店舗・台数が多ければ多いほど、POSシステム1台あたりのコストパフォーマンスは高くなります。
公式



【全27プラン比較・検索】POSレジの導入比較ページより