【図解】経理の原則 物事の『本質』を大切にするサイトです
ホーム  Ⅰ個人事業主の確定申告  Ⅱ個人事業主・法人会計  Ⅲ消費税  Ⅳ会計ソフト  Ⅴ事業におすすめサービス・フリーソフト  Ⅵ二刀流宛名印刷(公式サイト)


このページの最終更新日:2022/09/28  各社の記載内容:2022/8現在

【全15プラン比較・検索】POSレジの導入比較表(飲食店・小売店・美容室等)

全業種・全規模の方向けに、タブレットPOSレジシステムを6社(全12プラン)を比較します。導入実績・レビュー・価格順で並び替え、必要な機能を検索して、詳細比較できます。

選び方

このページでは、以下のポイントごとに、各商品を比較しています。基本的には、上から順番に検討していただくと、スムーズかと思います。
最初に無料の商品を検討したい方は、検索条件を「無料」を検索して絞りこんでもよいです。
全商品・全プラン比較表の左側に、各項目の説明や選び方も記載していますので、そちらもご参考ください。
基本情報ポイントまずは、ご自身の業種と規模を検索して、対象商品を絞り込むと、スムーズです。
ある程度の会社規模、導入実績、サービス提供期間がある商品を選択すると安心かと思います。

※まれな例ですが、POSレジアプリ「レジパッド」のように、サービス提供が終了することがあります。

機能ポイント複数店舗管理が必要か、ご自身の業種に応じた必要な機能に対応しているかを確認いただくとスムーズだと思います。
また、プラン・オプション・外部連携が充実している拡張性の高いアプリを選択すると、導入後の環境変化にも柔軟に対応できるかと思います。
ある程度、導入する商品が決まったら、無料体験等を利用すると間違いないと思います。

サポートポイントポイントは、電話サポートがあるか、また、長時間対応しているかになります(並び替え時は、この順番に並びます)。
電話サポートに対応している無料の商品もあります。
※サポート充実順で並び替えると、電話サポートの対応時間が大きい順になりびます。
価格ポイント
基本的には、月額基本利用料+月額オプション利用料+外部システムの利用料-IT導入補助金の給付額 で評価するとよいかと思います。
有料のPOSレジでも、「IT導入補助金」に対応していれば、経費の50%~75%の補助を受けることができます。補助金が利用できるか確認して、検討することをおすすめします。


無料のPOSレジは、将来、有料化やサービス終了の可能性があるかと思います。念のため、別のアプリへの移行に備えて、商品や売上データをCSV出力できるか確認しておくと、安心です。
また、対応しているクレジットカード決済サービスの数が少ない傾向がありますので、問題がないか確認することをお勧めします。










全商品・全プランのPOSレジ比較表

このページの表記:
 以下のマークを中心に比較すると、分かりやすくスムーズです。   
   →導入会社を検討する際、ポイントと考えられる項目です(通常、並び替え、検索に対応しています)。
他社より良い点 →上記のな項目に対応している商品、また、通常、他商品が取扱っていない項目に対応している商品です。
他社より劣る点 →上記とは、逆に未対応の商品です。
マウス置くと拡大 →マウスを置いている間だけ、一時的に、商品の画面イメージなどを拡大できます。マウスを外すと、元のサイズに戻ります。

商品・プラン別の表示切替:
 
  ※不要な列を×ボタンで消去すると、比較しやすくなります。
  →チェックすると、公式という文字が表示されます。クリックすると、公式サイトへの関連ページをダイレクトに開き、気になる詳細や最新情報を確認できます。